記事
  • 境治

「アベンジャーズ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本は作りだせるのか〜SSKセミナー【令和時代の日本のコンテンツ輸出】〜

1/2

あらためて思い知ったハリウッドシリーズ大作の奥行きとスケールの大きさ

連休中に映画館で「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観た。ご存知の通り、マーベルコミックのヒーローが総動員されて壮大な戦いを繰り広げるハリウッド大作だ。「アベンジャーズ」とタイトルについたシリーズとして4作目、それぞれのヒーローが主役の関連作品まで含めると22作目。上映時間も3時間と、かなり見応えある作品で楽しめた。

私は実は、このシリーズを見くびっていて、これまで見ないで来た。ヒーローが全員集合するなんて馬鹿みたいに思えたからだ。最初のを観てないと次のがわからなくなるので、前作から見るのがめんどくさかったのもある。今回は、異様に盛り上がっているので「おさえておく」気になったのと、テレビ朝日が最初の「アベンジャーズ」を放送したのも刺激になった。「エンドゲーム」は前作の「インフィニティウォー」と繋がった物語だというので、それは配信サービスで事前に見ておいた。

馬鹿にしてたくせに見たらハマってしまい、この10連休は関連作品の制覇に取り組んだ。見れば見るほど、キャラクターの奥行きや、関係性も理解できて「あの場面であいつが言ったセリフは、この作品に伏線があったのか」などと感心したりした。

一方、私は「ゲーム・オブ・スローンズ」というテレビドラマシリーズにもハマっている。アメリカのケーブルチャンネルHBO製作で、中世のイギリスをモデルにした架空の世界で七つの王国が繰り広げる壮大な戦いが描かれる。何十人もの主要キャラクターが登場し、次々に殺され物語を退場していく。ドラゴンや魔法、氷のゾンビも登場しファンタジーの要素も強い。見応えがありすぎてたまらないドラマだ。こちらも、これまで7章が放送され、最終章が今放送中。日本ではスターチャンネルで放送されている。私はこの「ゲースロ」を娘に勧められて見るようになり、最新作が見たくてスターチャンネルに契約した。huluの契約者なら7章まで視聴できるので、興味ある方は見てもらうといいと思う。

ハリウッド大作の巨額の製作費をカバーする、世界という市場

「アベンジャーズ」も「ゲーム・オブ・スローンズ」も、見ればわかるが莫大な製作費をかけている。「アベンジャーズ」第1作目だけで2億2千万ドルだったと聞く。「ゲースロ」は1話に1千万ドルかけているとの噂だ。ハリウッドの普通の映画やドラマと比べて格段に高い。なぜそこまで予算をかけられるのか。答えはシンプルで、莫大な利益が出るからだ。「アベンジャーズ」第1作目はアメリカ国内だけで6億2千万ドル、世界全体ではその倍以上、15億ドルの興行収入を稼いだ。興行収入がそのまま製作側に入るわけではないが、仮に劇場や配給が10億ドル持っていったとしても5億ドル戻る。2億ドルが5億ドルになって返ってくるなんて普通の金融商品ではあり得ないだろう。だからアベンジャーズシリーズはメリルリンチの資金調達でスタートしたそうだ。莫大なリターンを想定して融資を受けられるから巨額の製作費がかけられる。

ここで注意したいのは、自国市場だけでは6億ドルだったことだ。2億が6億になればいいように見えて、劇場や配給会社の取り分を考えると金融的には旨みが今ひとつ薄いことになるだろう。メリルリンチも融資の二の足を踏んだかもしれない。だが世界興行で15億ドルになるなら話は別だ。この原稿のポイントはそこだ。スケールの大きなハリウッド巨編は、世界市場があるから製作できるのだ。自国市場だけでは、アベンジャーズは地球を出ることはできなかった。彼らが宇宙でのびのび戦えたのは、世界の映画ファンのおかげだったのだ。

テレビドラマも同じことだろう。資料がなく詳しい数字はわからないが、HBOのドラマシリーズは世界各国で見ることができる。だから壮大なファンタジーを映像化できるわけだ。自国市場だけではドラゴンも空を飛べず、魔法は効かなかっただろう。私のスターチャンネルへの契約料が、巡り巡ってドラゴンを飛ばせているのだ。

ひるがえって、我が日本の映画やドラマはどうだろう。宇宙や魔法どころか、日本の小さな世界から出ることはない。しかも、警視庁や弁護士事務所、東京の会社や家庭が舞台だ。”壮大な”世界に出ることは決してない。何故ならば日本の映画やドラマは、世界で市場を作れていないからだ。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  3. 3

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  4. 4

    チョ・グク氏辞任で窮地の文政権

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    ダムめぐる鳩山氏の発言を批判

    深谷隆司

  6. 6

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

  7. 7

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  9. 9

    音喜多氏 朝生出演で未熟さ痛感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    「スカーレット」演出の雑さ指摘

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。