記事

橋下徹「僕が考える令和以降の天皇制」

1/2

令和元年が幕開けし国内では祝賀ムードが続いているが、今後安定的な皇位継承ができるかどうかは非常に危うい状況にある。これを受け、秋には政府レベルで安定的な皇位継承についての議論がスタートする。問題解決のためにはどのような考え方を取るべきか。橋下徹氏がツイッターでの議論を通じ、まず叩き台を提示する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(5月7日配信)から抜粋記事をお届けします――。

(略)

日本国民が天皇制を支持する際の「5つの立場」

天皇制を守りたいと思う国民の敬慕の念はどこから湧いてくるのか。

(1)神武天皇から続く万世一系の皇統(血筋)が根源となっているとする立場。そしてこの皇統は男系男子、つまり男側の直系子孫で現在まで続いているということに敬慕の念が集まるとする
(2)教育や社会制度によって敬慕の念が醸成されるという立場
(3)実際に目にしている天皇陛下をはじめとする皇室の皆様の行為(態度振る舞いの様子)が根源となっているとする立場
(4)敬慕の念はないとする立場→天皇制否定論へ
(5)そもそも国民の敬慕の念など考える必要はないという立場

※写真はイメージです。(写真=iStock.com/brize99)

だいたいこの5つに収れんされると思う。

みなさんはどの立場だろうか? (1)から(5)のいずれか1つにスパッと当てはまる人もいれば、複数に当てはまる人もいるだろう。さらに複数に当てはまる場合にも、重みの違いもあるだろう。

僕は、(1)と(3)であり、(3)の方が(1)よりもかなり比重が高い、という立場だ。

以上の5つの立場を念頭に、以下の議論を見てもらいたい。

(略)

この問題についてツイッター上で衆議院議員の長島昭久氏や足立康史氏と議論を深めていたところ、今度は歴史について色々な本を著している倉山満氏がフェイスブックで次のような批判をしてきた。

(略)

〈橋下氏も関西の人間なので「延暦寺の不滅の法灯」は知っていると思う。開祖最澄が火をともして以来、三度の焼き討ちにもかかわらず、その都度、分灯していた火を戻し、いまだに伝教大師最澄が灯した火は燃え続けている。

じゃあ、仮に「不滅の法灯を維持するのが大変だから」と、蝋燭をやめて電球にするのか? という話。理屈を言い出せば、いくらでも「維持するのが大変だから」なんて言えますね。

問題は、約1200年前から燃え続けている不滅の法灯に価値を見出せるかどうか。
男系なんて民主主義の時代に維持しなくていいじゃん!

不滅の法灯なんて科学技術が発達した時代に維持しなくていいじゃん!
これは理屈であっても、論理ではない。〉

(略)

倉山氏の主張で思い出す「文楽を守れ!」騒動

倉山氏の主張は典型的な(1)の皇統絶対重視の立場。というよりも、もはや(5)の、そもそも国民の敬慕の念など考える必要はないという立場だと思う。皇統最重視の考えから、国民の敬慕の念など考慮する必要もなく、そうであれば国民の敬慕の念を醸成する天皇並びに皇室の行為(態度振る舞い)・努力も不要だという考え方の典型だ。こういう考えも1つの考え方として筋は通っている。

しかし、そのような立場を貫くと、令和以後に天皇制というものが「よりよく」続いていくためにはどうすればいいのかという議論は全くしなくなる。頭の中で抽象論だけを展開するので、自分の立場を貫くと現実にどのような弊害が生じるのかの予測ができなくなるし、そもそもそんな弊害など気にするな、と割り切っているのかもしれない。

倉山氏の考えを突き詰めると、男系男子の皇統さえ守られれば、皇室に国民が敬慕の念を抱かなくなっても、そして天皇制が国民に支えられなくなってもそれでいいという考えにつながる。この考えは天皇や皇室の人間性への考慮もしなくなる。僕はそのような立場には立たない。やはり、この日本の国における誇りでもある天皇制は、国民の敬慕の対象であり続け、「よりよく」続いて欲しいと願う立場だ。

倉山氏のような主張を聞くと、僕が知事・市長時代、大阪において文楽補助金改革を行っていた時に文楽を守れ! と叫び続けていた人たちのことを思い出す。

あわせて読みたい

「天皇制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。