記事

「爆速」が受け入れられるまでの企業文化の変化

ヤフーが「爆速」化を戦略とし、リーンスタートアップが受け入れられはじめました。ここに至るまでの企業の戦略アプローチの流れを俯瞰的に振り返ってみます。


■「あるべき論」の時代
「創業者の意志を守り、この事業領域を死守して、同じやり方で、雇用を守りながら成長していくべきだ! その上で、顧客を増やす必要があるので需要喚起をなんとしてでも生み出さなくてはならない!」

企業戦略を変化させずに、とにかく「我が社としてのあるべき姿」を追求する。継続してきたものを大切にし、自社の顧客、従業員、お付き合いのある方々との関係を維持する。
「あるべき論」とは、「現状スキーム維持」でもうまくいく理想論と言い換えてもいいかもしれません。結果的に、企業がそのままでうまくいくように、気合いと根性でなんとかするというのが「あるべき姿」だという時代です。

■「打開策」渇望の時代
機能しない「あるべき論」は、「現実」に負け続けました。理想だけ語っていても仕方ないので、方策を考えなくちゃいけないということに多くの人が気づきはじめした。

急速に「あるべき論」への興味が下がり、「現実を受け入れた上で、折衷案を考える」「前提条件を考慮しながら、打開策を導き出す」というところに思考がシフトしてきました。

少なくとも、ここ10年ぐらいは、どの会社でも「打開策」を考えるということに時間を使ってきたと思います。

そして、どの関係者も納得できる名案がでれば、現状打破できるのですが、なかなかこれが難しく。。。痛みを伴うことを避けたところは、なかなか実行にうつせない。もしくは、調整しすぎたがために、あまりインパクトのない打開策になってしまったのだと思います。

■自分ができることを、さっさとやる時代へ
そんな中、もう調整につぐ調整で時間だけが過ぎ、インパクトのない打開策になるのであれば、「さっさとやっちゃえ!」という流れがやってきました。「つべこべ言わずに、手を動かせ!」「とにかくやってみて、反応を見てみよう!」という流れです。

職人気質的なものを重視する文化が、手を動かす、とにかく動くということを賞賛する下地になっているかもしれませんが、それよりも今までの何も変わらない時間が長かった分だけ、賞賛が大きくなっているようにも感じます。そして、折衷案時代に元気のなかった体育会系の人も、嬉しそうですw

環境的にも、成功するかどうかが不確実な時代になり、モノを作るコストよりも、高い人件費で長時間議論を行っていることの非効率性に多くの人が薄々気がついて来ていたのだと思います。

「とにかくやってみてそれから考えよう」「資料作っているよりも、モックアップ作って、手を動かしながら考えよう」という風潮が受け入れられてきているのでしょう。

■追加の考察
こうやって順を追ってみてくると、時代によって戦略・戦術立案のアプローチが変わってきていることが見てとれます。そのため、世代によって慣れ親しんだ思考や手法に差が生まれてきています。

上の世代が、「あるべき論」から入るの対し、ミドル世代は「折衷案・打開策」を考え、下の世代は「さっさと作ってはじめてみましょう」というスタンスの違いが生まれ、意見がぶつかることが起きています。

こういう俯瞰的な思考の変化などを認識していたら、もうちょっと会社内で、この三つの世代が協力して、役割分担しながら仕事進められるのかもなぁ。そんなことを「爆速」化を見ていて思いました。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。