記事

ファーウェイ、カナダ法人の幹部が退社 4カ月で2度目


[オタワ 7日 ロイター] - 中国・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]のカナダ法人の幹部は7日、同社を退職したと明らかにした。カナダ法人から幹部が退社するのは過去4カ月で2度目となる。

ジェイク・エンライト氏は2018年6月に広報担当者としてファーウェイのカナダ法人に入社。今年初めに法人関連部門のディレクターに就いた。

同社のカナダ部門からは、今年1月にもシニア・バイスプレジデントのスコット・ブラッドリー氏が退社している。ブラッドリー氏の役職はエンライト氏よりも上だった。

昨年12月、米国の要請に応じてカナダ当局がファーウェイの孟晩舟最高財務責任者(CFO)を逮捕して以降、中国とカナダの関係は悪化している。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  6. 6

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  7. 7

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

  10. 10

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。