記事

【祝】渋谷ヒカリエ開業の裏で、東横線利用者が心配していること

全国的に話題になっている東京の観光スポットと言えば、何といっても東京スカイツリーですが、実は明日渋谷に開業する「渋谷ヒカリエ」も局地的に盛り上がっています。

東急電鉄が中心になって開発しているこのビルは、渋谷を大人の街にすることを目指して作られているそうです。確かに、最近の渋谷というと駅前周辺はファストフード店ばかりで、客層は10代20代が中心。落ち着かない街という印象で、街を楽しむというより、目的がある時しか行きたくない街になりつつありました。

渋谷ヒカリエ開業に続き、東急東横線とメトロ副都心線が相互乗り入れするようになれば、東急沿線の住民が渋谷を素通りして新宿3丁目から伊勢丹に流れてしまう。渋谷の地盤沈下を阻止するためには、街に新しい魅力を吹き込まなければなりません。

このように街が競争して、魅力的になっていくのは良いことですが、便利になればなるほどその裏側で脆さに対する不安を感じるのも正直な気持ちです。

東急東横線は現在は中目黒で日比谷線と、横浜でみなとみらい線と相互乗り入れしていますが、これに副都心線が加わることになります。しかし、話はそこで終わりません。副都心線は、東武東上線・西武有楽町線・西武池袋線との相互直通運転しているそうなので、すべての路線が一体化していきます。乗り継ぎが便利になる反面、どこかの路線で故障や事故が起きた際に、その営業が全線に一気に広がることにならないか心配になります。

横浜で発生した事故で練馬の人が電車の遅れに遭遇するとか、池袋のトラブルで自由が丘で電車が止まってしまうなどということが頻発しないと良いのですが。

メトロと私鉄の相互乗り入れは、確かに便利ではありますが、トラブルのリスクが高まるなら少し不便でも乗り入れの無い独立した私鉄路線の方が何だか安心に思えてきます。例えば、京王井の頭線は渋谷吉祥寺間を完全に乗り入れなしで運行しています。

しばらくは、ビルの開業直後で渋谷も大騒ぎになりそうですが、いずれ東横線の相互乗り入れも始まり、どんな変化が起こるのか。不安が杞憂に過ぎないことを祈ります。

あわせて読みたい

「東京」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。