記事

マレーシア中銀、政策金利を25bp引き下げ 約3年ぶりの利下げ


[クアラルンプール 7日 ロイター] - マレーシア中央銀行は7日、政策金利<MYINTR=ECI>を3.25%から3.00%に引き下げた。

利下げは約3年ぶり。予想される景気の減速に対処することが狙い。

ロイター調査では、エコノミスト13人の半数強が利下げを予想していた。

中銀が前回利下げしたのは、英国の欧州連合(EU)離脱決定後の2016年7月。政策金利を3.00%に引き下げた。その後、政策の「正常化」のため、2018年1月に政策金利を3.25%に引き上げた。

中銀は、今回の利下げについて「金融の緩和度を維持することが狙いだ」と説明。「物価安定の下で安定した成長軌道を支援するという金融政策スタンスに沿ったものだ」としている。

東南アジアでは今年初の利下げとなった。

米連邦準備理事会(FRB)は利上げを停止しており、アジアの中銀には利下げ余地が生じている。

UOBバンクのエコノミスト、ジュリア・ゴー氏は「(アジアでは)さらにハト派的な見通しを採用する(中銀が増えるだろう)」と予想。

キャピタル・エコノミクスのアレックス・ホームズ氏は「経済成長は2019年を通じて低迷する公算が大きく、年内に追加緩和があるだろう」との見方を示した。

キャピタル・エコノミクスは2019年の経済成長率を4.0%と予測。同氏は、追加利下げは物価と景気の低迷が理由になる可能性が高いとの見方を示した。

中銀は3月、輸出が大幅に伸び悩むとして、2019年の経済成長率予測を4.9%から4.3─4.8%に下方修正した。

リンギ<MYR=>は利下げを受け、1ドル=4.1530リンギ付近に下落。今年は対ドルで約0.3%値下がりしている。

中銀は「貿易摩擦は解決しておらず、主要国経済は各国の事情で低迷が長期化している。このため、世界経済の成長に対する大幅な下振れリスクが残っており、世界の貿易・投資活動を一段と圧迫する要因となっている」と表明した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    自民党総裁選⑽ 河野候補の発言で誤解を招かないように 党部会は日本型民主主義の根幹

    赤池 まさあき

    09月23日 11:26

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。