記事

実は経済合理性の高い活動? 節目となるクールビズの意義

1/2

[画像をブログで見る]

■今年もクールビズがスタート!

環境省は4月23日に、2019年度クールビズについて昨年同様に「5月1日~9月30日」までとする発表を行いました。今回は、令和となってからは1回目、全体では15回目の節目の年となっています。

すでにクールビズが始まっていますが、連休明けとなる今日はやや肌寒い地域もあり、今日知った方もいるだろうし、全国的に暑くなる明日以降から本格的に始まると思われます。毎年、私がいる東京はゴールデンウィーク明けから、街を歩く半袖の人が見られるようになりますが、東北はまだ涼しい所多いだろうし、日本全体で一律の実施時期というのはいささが現実的ではないような気もしますが、そのあたりは臨機応変に対応する企業も多いでしょう。

一般ビジネスパーソンの環境意識の向上には貢献しているクールビズですが、企業組織としての環境活動意識は、気候変動、異常気象などのグローバル・リスクに関心はあるものの、そこまで熟成されていない気がします。ただ、世界のトップ企業は、エコとか省エネというカジュアルなワードではなく、ガチな社会的インパクトを出せる取組みを徐々に始めています。

そこで本記事では特にCSR(企業の社会的責任)の視点を中心に、クールビズ関連調査や環境対応先進企業などのデータも紹介しながら最新動向をまとめます。

■クールビズとは

クールビズとは「夏期に過ごしやすい服装で仕事をするという衣料軽装化キャンペーン」のことです。冷房時の室温を28℃にしても快適に過ごせる軽装を推奨する取り組みであり、環境省が中心に啓蒙活動を行い、2005年に当時の総理大臣・小泉氏によって提唱されました。地球温暖化対策の一環として政府が提唱する、夏を快適に過ごすライフスタイルであり、室温の適正化とその温度に適した軽装や取組を呼び掛けており、気軽にできるアクションなどを呼び掛けています。

昨今ではビジネスセクターでも、環境対応(気候変動対応)に対するプレッシャーが国内外で大きくなっています。日本の政府・官公庁・主要経済団体なども、環境イニシアティブに対して、署名や賛同をしており、もはや企業としては“逃げられない”状況となっています。

しかしながら、製造業であれば、それでも環境負荷低減はなんとか進められるのですが、非製造業はモノを作っていないため、そもそも環境負荷の比較的低いビジネスモデルとなっており、現実的な環境活動が難しい場面も多々あります。たとえば、IT企業の環境活動などはできることが非常に限られています。しかし、クールビズは業種・業態問わず対応できる気軽さがあるため、原則すべての企業で導入可能なスキームではあります。日本政府も、国際的な動き(パリ協定、TCFD、SDGsなど)に対してコミットメントしており、今後、企業への環境課題対応が緩和されることはまずないので注意が必要です。

■クールビズ意識調査

さて、そんなこんなで節目のクールビズですが、現状として、どの程度の認知度があるのでしょうか。

日本気象協会の調査(2017)によれば、クールビズの認知度は「98.3%」で実施率は「約6割」にとどまっているとしています。認知度は、ほぼ100%といえますが実施率は約6割にとどまりギャップがある模様。これは地域差、例えば関東と東北など、そもそもの気温差が実施率の差になっているようです。

出典:クールビズに関するアンケート調査(日本気象協会、2017)

興味深い傾向としては、クールビズのメリット1位は「快適に過ごすことができる」で、デメリットは「特になし」が1位になっている点です。これはノータイ・ノージャケットでも両者の合意(クールビズの認知)があれば、商慣行自体に対する影響はほぼないということなのでしょう。ただし、デメリット2位として、男性「見た目のだらしなさ」、女性「服装選びが難しい」があるとされており、普段とは異なる服装をどこまで準備するのかが、課題であるようです。これは私も実感があるので納得のデータです。

あわせて読みたい

「クールビズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  4. 4

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  8. 8

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  9. 9

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。