記事

原油先物まちまち、米国のイラン制裁や米中貿易戦争を受け


[シンガポール 7日 ロイター] - アジア時間7日の原油先物市場はまちまち。米国の対イラン・対ベネズエラ制裁を受けて警戒感が広がる一方、米中貿易戦争がエスカレートすれば世界経済が鈍化するとの懸念が浮上している。

0443GMT(日本時間午後1時43分)現在、北海ブレント先物<LCOc1>は0.04ドル高の1バレル=71.28ドル。

WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物<CLc1> は0.18ドル(0.3%)高の62.44ドル。

米国は対イラン政策を強化しており、6日には「イラン政府による軍事的脅威」の兆しがあるとして、中東への空母打撃群と爆撃部隊の派遣を承認したことを明らかにした。

イランは制裁に対抗し、「グレーマーケット」で原油の売却を続けると表明。報復措置を打ち出す方針も示しており、核開発プログラムの一部を再開する可能性がある。

米政府はベネズエラのマドゥロ政権に対する制裁も導入しており、同国の原油輸出は混乱に見舞われている。

一方、米中貿易戦争で世界経済が鈍化するリスクも意識されている。

ゴールドマン・サックスはこの日、需給が逼迫し、供給リスクが拡大する中、最近のブレントの下落は行き過ぎだと指摘。短期的にはブレントが持ち直すと予想した。

ただ、数カ月後には、米最大シェール鉱区パーミアンの輸送能力が増え、石油輸出国機構(OPEC)の主要国が増産することで、現在の需給動向が落ち着き、世界の原油市場が均衡化するとの見通しを示した。

ゴールドマンは、原油価格は年内に下落すると見込んでおり、今年第3・四半期のブレント先物価格は65.50ドルと予想した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  7. 7

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  8. 8

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

  9. 9

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  10. 10

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。