記事

「ヤッたではない。ヤらせていただいたんだ」さらば青春の光・森田が綴った謙虚で下衆なエロストーリー

1/2
BLOGOS編集部

男のエロ話は粗雑に繰り出すと、下品な片ハシャギに堕ちる。まさに取るに足りない下品なゾーンに堕ちた状態を、男であれば、送り手として受け手として大方経験があるだろう。その一方で、エロ話でありながら品ある両ハシャギをもたらすものもある。この差、境目、分岐点は何か。ひとつには、エロに対して「傲慢」か「謙虚」かという姿勢が左右するのだと思う。

そんなことを考えたのは、お笑い芸人「さらば青春の光」の森田哲矢による著書「メンタル童貞ロックンロール」(KADOKAWA 2019年1月発売)に没入したからだ。森田のエロ話はどこまでも尽きることのない性欲こそ傲慢だが、その性欲におさまりをつけようと奮闘する姿勢はことごとく謙虚で、それがおかしくてたまらなかった。

キングオブコントやM-1で活躍 実力派芸人の下衆話

BLOGOS編集部

「さらば青春の光」と言えば、キングオブコント決勝に通算6回進出、M-1グランプリ2016ファイナリストというハイレベルな実力派だ。森田はネタを書きツッコミを担当する。その才をWEBサイト「ダ・ヴィンチニュース」での連載コラムに注ぎ、今年1月に単行本としてまとまったのが本書「メンタル童貞ロックンロール」であり、これが森田にとっては初の著書だ。

そこに綴られているのは初めから終わりまですべて下衆なエロ話。と書くとヨゴレ感が漂うが、そこには性欲達成の為にひたすらあがき続ける森田と仲間達の信念と挫折と汗があり、内容は下衆なのだが「青春記」のような甘酸っぱさがあったりする。

少年ジャンプの三大テーマが「友情・努力・勝利」であれば、この「メンタル童貞ロックンロール」の三大テーマは「友情・努力・下衆」だろうか。勝利はない。森田自身の中には時にそれもあるのだろうが、本書はそれを言外としている。だって、誰かがうまくいった、うまいことやった自慢話ほど面白くもなんともないものはないわけで。

「男達の風俗反省会」「隠れヤリマン攻略法」

本書は全部で23本のコラムから成る。主なタイトルを引くと「捨てろ!石垣童貞!」「チンコ鉄道」「男達の風俗反省会」「隠れヤリマン攻略法」「戒めパンティー」「M-1グランプリと風俗業界の密接な関係」「中村静香さん、すいません」「童貞芸人達の修学旅行~大阪道頓堀編~」「嵐の五反田風俗物語」・・・etc。

超圧縮で本書を俯瞰するならば、――「ちょいちょいテレビに出てる」お笑い芸人の「さらば青春の光・森田哲矢」が先輩芸人の「バイク川崎バイク」や後輩芸人の「ニューヨーク屋敷」らと「ヤリマン」を求めて自宅が近い「五反田」を根城に「合コン」にいそしみ「梅酒水割り水多め」で場を盛りあげては「ヤリ」やすさを増す「宅飲み」に持ち込んでセックスに持ち込もうとしては玉砕する――という、ひたすら性欲がおさまりつかない男の「下衆」にまみれた行動録だ。

もうひとつ俯瞰を加えれば、森田はそれなりに世間に名の通った芸能人であり、その知名度を活かし、一般人よりは何かと有利なステージで異性との出会いを広げているのだが、そのポジションにありながら木っ端となる、情けない大スベりのさらしぶり、潔さが小気味いい。

ただただセックスしたくておさまりがつかない、出来れば普通の(?)女性と知りあってヤリたい、けれど、いざとなればおさまりのためには風俗直行も何ら問題なし、という感情を抱いたことのある男にとって、森田哲矢による「情けなさの潔さ」は共感の確変を起こすはずだ。

童貞ではないがタチの悪い「メンタル童貞」

そして、タイトルに含まれる「メンタル童貞」、自分もここで知ったのだが、その語意は・・・

< さらば青春の光 森田哲矢・著「メンタル童貞ロックンロール」(KADOKAWA)より >

このコラムでも何度も登場した言葉、メンタル童貞。実際には童貞ではないが、ここまでの人生において全くと言っていいほど女性にモテてこなかったため、女性の扱い方が一切わからず、そのくせ性欲は思春期から1mmも変わらないため、エッチなことがしたくてしたくて堪らないという一番タチの悪い種族です。

森田による造語か、既にあったワードかは知り得ないが、これに何らかのシンパシーを生じたなら、本書は座右の書となるだろう。そういうオトコ本だ。だが、男女間で繰り広げられる不毛な「ヤリ」の攻防戦は男女永遠のネタであり、もちろん女性読者にとっても男の行動真理を様々に楽しめるエロバカバカしい一冊だ。

その中で「身の毛もよだつ『ヤリマン2万7千円事件』」は連載中にも反響の大きかった傑作コラムとして、本書のシンボリックな柱を成す。ここに綴られるのは、性欲攻防戦の最下層でぼっ発したひとつの仄暗い事件なのだが、もしも「キングオブゲス」の決勝があれば、披露する2本のネタに確実に入る破壊力を搭載している。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  10. 10

    トランプ退場で強行? イラン暗殺

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。