記事

【読書感想】調べる技術 書く技術

1/2

調べる技術 書く技術 誰でも本物の教養が身につく知的アウトプットの極意 (SB新書)
作者: 佐藤優
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019/04/06
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

調べる技術 書く技術 誰でも本物の教養が身につく知的アウトプットの極意 (SB新書)
作者: 佐藤優
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019/04/05
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
ネットなどを使って誰もが手軽に情報収集できるようになった現代。すき間時間にSNSを見る、スマホでニュースフィードに流れてくる情報を見る―こうした手軽なインプットの「量」に比例して、集めた情報は本当に「自分のもの」になっているだろうか?専業作家として、日々膨大なインプット、アウトプットを行う著者が教える、学んだ知識を「本物の教養」に変える知的生産術!

 僕はこの本を読みながら、考えていたのです。
 著者の佐藤優さんは、やっぱり「怪物」だよなあ、って。

 私は、毎月平均2冊のペースで本を出し、抱えるコラムや連載などの締め切りの数はひと月あたり約90になる。ひと月に書く原稿の分量は、平均して1200ページ、字数にして約50万字にもなる。この膨大な創作活動は、膨大なインプットに支えられている。執筆のために、多い月では500冊以上の本に目を通す。
 
 情報収集・分析も、私の専門領域だ。世の中で起きている出来事をタイムリーに知るために、全国紙・地方紙から業界紙まで含め、合計10紙ほどの新聞に目を通すのも欠かせない日課になっている。

 ただし、単に大量のインプットをしているわけではない。 

 読書一つをとっても、いたずらに膨大な本を読み返すことはしない。

 読み取った情報を1冊に集約させるノートを作ったり、学んだ内容を学生に教えたり、ラジオ番組で話すなどして、アウトプットも意識的に行い、「身につく」読み方をするように、心がけている。

 インプットと合わせてアウトプットを行うことで、読んだ情報は本物の教養になるのである。

 これだけのインプット・アウトプットをこなしている人がこの世の中には存在する。

 でも、完全に真似することは無理でも、そのエッセンスというか、自分にとって有益な部分だけでも参考にすることはできるのではなかろうか。
 
 読んでいて感じたのは、佐藤さんは、「情報の取捨選択」の重要性と、「最低限の基礎学力を身につけたあとは、中途半端にあれこれ手を出すよりも、自分の武器になることに集中して、徹底的に学んだほうが良い」と考えている、ということでした。

 専門である神学やインテリジェンスをはじめとして、世の中の万事に通じているようにみえる佐藤さんなのですが、こんな話もされています。

 読者も忙しいことだろう。日々、こなすべき仕事があるなかでも、知的生産力を高めていくには、有益なインプットを続けなくてはならない。裏を返せば、無益なインプットをしている暇はないというのが現実だ。

 では無益なインプットとは何か。

 1つは前項で挙げたような論理破綻している本だが、それだけではない。仕事に関係しない本を読むことや、仕事に直結しないスキルを身につけようとすることも、無益なインプットといえる。

 たとえば語学だ。最低限の英会話力は身につけておくに越したことはないが、もし仕事上でいっさい英語を使わないのであれば、英会話習得の優先順位は、かなり低くなる。

 仕事で使う場合にも、有料の通訳・翻訳アプリで事足りてしまうかもしれない。本気で、相当なレベルにまで達する覚悟があるならいいだろう。だが中途半端に取り組むくらいなら、英会話はAIに任せて、自分は別の有益なインプットに時間を割いたほうが知的生産力は高まる。

 ましてや英語以外の言語を趣味的に身につけようとするのは、時間とお金の浪費に過ぎない。

 「趣味」としてやるならさておき、中途半端な英会話力を身につけるような勉強は、非効率的な時代になってきているのです。英会話スクールで学んだ「少しだけ話せる」英語よりも、翻訳アプリのほうが大概、優秀になってきていますし。

 もちろん、同時通訳や翻訳家レベルの英語力であれば武器になりますが、中途半端な勉強をするくらいなら、他にやるべきことがある、ということなのです。

 さらに「捨てるべき情報」として、佐藤さんは、こう仰っています。

 ネット上にリリースされている情報は無限大ともいえ、書籍以上に、「何を読むか」を選別する裏側には、数多の「何を読まないか」の取捨選択がある。

 では「何を読まないか」といえば、ネットニュースである。

 たとえば、「Yahoo! ニュース」などのニュースサイトは、タダで新聞記事などが読める点でおトクに思えるかもしれない。しかし媒体の垣根を越え、記事が雑然と羅列されている時点で、きわめて非効率的だ。

 というのも、ニュースサイトは、あらゆるメディアの記事の羅列と化していることで、「情報のプロ」たる記者が関わっているという新聞のメリットが、ほぼ失われてしまっているからだ。

あわせて読みたい

「情報化社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。