記事
  • S-MAX

ソニーのウルトラハイエンドスマホ「Xperia 1」をいち早く体験!4K HDR対応で21:9のシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなど、渾身の旗艦機の魅力を写真や動画で解説【レポート】

1/2
ソニー渾身のフラッグシップスマホ「Xperia 1」を写真と動画で紹介!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が同社のスマートフォン(スマホ)ブランド「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルとなる「Xperia 1」の報道関係者向け体験会を4月16日に開催しました。

Xperia 1は今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された「MWC Barcelona 2019」(旧「Mobile World Congress」)で発表された高性能機種で、日本でも販売されることが案内されているものの、国内での公式な体験会などは今回が初となります。

世界的にも苦戦が伝えられる同社のXperia事業ですが、Xperia 1は起死回生の一打を放つ端末となるのでしょうか。体験会にて触れることができた実機の写真や動画とともに、その性能や特徴をご紹介します。

本体カラーはブラック、パープル、グレイ、ホワイトの4色

■究極の映像美を実現するシネマワイドディスプレイ

本機の最大の特徴は、なんと言っても“超縦長”のディスプレイでしょう。

シネマワイドディスプレイと名付けられたアスペクト比21:9の画面は有機EL(OLED)素材を使用しており、4K/HDRにも対応しています。

その色再現性や動画品質は映画製作の現場でもマスターモニターとして活用できるほどで、同社の映画撮影用機器ブランド「CineAlta」と強力に連携する動画編集アプリ「Cinema Pro」を搭載するなど、高画質性を強くアピールする性能となっています。

持った瞬間に「長いな」と感じるほどに縦長のXperia 1

筆者所有のiphone XS(左)との比較

背面は全色ともに光沢感の強い鏡面仕上げ(ガラス製)

スマホの画面サイズは未だに拡大の一途を辿っていますが、画面のアスペクト比を16:9などに固定したままで単純に大きくしようとすると、もはや片手では扱えないほどの大きさとなってきています。

そこで同社が出した答えが「より縦方向に大きくする」というものです。この流れは業界的にも数年前から始まっていたもので、18:9や19.5:9など、徐々に縦方向へと広がっていった画面が、いよいよシネスコサイズに近い大きさへと拡大されたのは、必然だったとも言えます。

この縦方向への拡大によって端末の横幅は約72mmに抑えられており、決して小さいサイズではないものの、16:9であれば5.0~5.2インチ前後のディスプレイが限界であった横幅のまま、6.5インチの大型ディスプレイを搭載することに成功しています。

旧型のXperiaシリーズとの比較。画面のさらなるワイド化は、映画のみならずゲームなどでも威力を発揮しそうだ

シネマワイドディスプレイのもう1つの特徴である4K/HDR対応もまた次世代を見据えた実装です。

本機に搭載されたカメラで撮影された4K/HDR映像の再生に最適化されているだけでなく、YouTubeなどの4K/HDR動画の再生にも対応し、さらにSDR映像ではHDRリマスターによってアップコンバートされる機能も搭載しています。

HDRリマスターが適用されるSDR映像については、現在YouTubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflixなどで確認されているとのことで、今後対応状況なども随時更新していく予定とのことです。

一般的なテレビでは上下が切れてしまうシネスコサイズの映像も、Xperia 1は色再現性を保持したままフル画面で楽しめる

左がSDR映像のまま、右がHDRリマスター映像

ただし、本機の「4K」表記には若干の語弊もあります。一般的に4Kと言えば、フルHD(1920×1080ドット)を縦横2倍に拡大した「3840x2160ドット」の表示領域のことを指しますが(もしくは4096×2160ドットも4Kと表記される)、本機は画面アスペクト比が21:9であるため、表示領域は「3840×1644ドット」となります。

そのため一般的な4K映像を表示すると、上下が切れる、もしくは左右に黒枠が出る縮小表示となってしまいます。シネスコサイズの映画に最適化した弊害ではありますが、この点を良しとするかどうかが本機の評価の分かれ目ともなりそうです。

4K対応テレビなどでおなじみとなっている「4K/HDR」ロゴが付いている点も紛らわしいかも知れない

■映像視聴だけではない!超縦長ディスプレイの使い道

同社ではシネマワイドディスプレイの映像以外での利用法も提案しています。

体験会では21:9画面に対応したゲームとして、Gameloftの「ASPHALT」、Epic Gamesの「FORTNITE」、PROXIMA BETAの「伝説対決」の3つが発表されていましたが、今後対応ゲームは増えていくとのことです。

ゲーム画面に攻略情報や各種オプションをオーバーレイ表示できる「ゲームエンハンサー」も搭載

またAndroid OS標準で搭載されているマルチウィンドウ機能もシネマワイドディスプレイをフル活用できる機能の1つでしょう。

本機にはマルチウィンドウを簡単に設定できる専用アプリが搭載されており、ホーム画面から起動できるほか、ディスプレイの左右端をダブルタップすることでランチャー機能を起動できる「サイドセンス」にも本アプリが標準で登録されています。

マルチウィンドウアプリでは、手順通りに「上に入れるアプリ」「下に入れるアプリ」を選択するだけで簡単にマルチウィンドウ環境を楽しめる

マルチウィンドウの活用例は、動画を視聴しながら関連グッズをオンラインショップで検索したり、地図を表示しながらSNSで待ち合わせの連絡を行ったりなど、さまざまに考えられます。

全てのアプリがマルチウィンドウに設定できるわけではありませんが、慣れればXperia 1のハイスペックを十分に活かした快適なスマホ利用ができるでしょう。

地図を確認しながらSNSを利用したい場面は多々ある

地図アプリなどを使用中でも、サイドセンスを使ってマルチウィンドウアプリを起動すれば後からマルチウィンドウ環境を設定できる

このほか、マルティメディア関連では音響効果としてドルビーのオブジェクト立体音響システム「ドルビーアトモス」が採用されており、視聴者を包み込むような映像・音響体験を実現しています。

最高の映像体験を最高の音響効果で楽しもう

あわせて読みたい

「Xperia」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。