記事

「令和」の”国力”をアップさせるためサンデーモーニングが投げかけたこと

1/2
[画像をブログで見る]

 5月5日、「令和」の時代になって初めての日曜日。  日曜の午前中にテレビで放送される報道番組・情報番組は、この一週間の出来事をゆっくり振り返りながら、世の中のことを考えるのに適している。

「”令和”というのはどんな時代になるのだろう?」

「”令和”の課題は何なのだろう?」


 そういう思いで各局をザッピングしていたら、あまり、そうした期待に応えてくれる番組が見当たらない。

 テレビの報道番組・情報番組を研究している筆者のような人間としてはこれはゆゆしき事態ではないか。報道機関であるテレビの劣化を意味するからだ。

 そう思って、以下、それぞれの番組を振り返ってみることにした。

●日本テレビ『シューイチ』

 これは新しい天皇陛下の即位と令和フィーバーを映像でまとめただけで、これまでのニュースなどで同局で放送された以上の域を出ていない。

 だが、情報番組というのは見ていてトクをするとか、タメになるとか。「プラスα」が大事なはずなのに、残念ながら筆者には見つけることはできなかった。2時間半ほど放送していて、これでは内容に乏しい。

●テレビ朝日『サンデーLIVE!』

 4日に皇居で行われた一般参賀について、過去の映像や画像を駆使して、歴史を振り返っていた。

 現在は子どもも入ることができる一般参賀だが、かつては子どもは入ることができなかった時期があり、皇居前の広場を一般の人たちが足を滑らせたりしないようにと、昭和天皇の指示で「滑りにくい庭」にしたという。

(1969年にドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、進軍』の主人公の奥崎謙三がパチンコ玉で昭和天皇を狙った狙撃未遂事件があったが、)このパチンコ玉事件の後で防弾ガラスが入ったという。

 一般参賀の歴史を振り返っただけのコーナーだったが、見ていて「へえー」というものがあって、「プラスα」があった。

 だが、「令和はどんな時代に?」「令和の課題は?」という点にはまったく応えてくれるものではなかった。

 その点では、以下の番組が見応えがあった。

●フジテレビ『日曜報道 THE PRIME』

 皇室の問題にくわしい識者をスタジオに招いて、皇位継承問題について突っ込んだ議論をしていた。  スタジオに招かれていたのは以下の3人である(以下、年齢、肩書きなどは番組内での字幕をそのまま掲載する)。 

・櫻井よしこ(73)国家基本問題研究所理事長
・片山善博(67)早稲田大学公共経済大学院教授
・本郷和人(58)東京大学資料編纂室教授

[画像をブログで見る]

 注目したのは、強硬な憲法改正論者で知られる櫻井よしこ氏が、皇位継承問題で以下の発言をしたことだ。
(櫻井)

「悠仁さまが天皇になられるときの日本の皇室を考えてみると、皇室の方が誰もいなくなってしまう可能性が大きいですね。


 だって女性の方は結婚なさって、皇室から離れるわけですから。天皇陛下おひとりが巨木のように立っている、誰も天皇陛下をお守りする方がいないということで、皇族の方々の数の減少はそういう意味において、ものすごく深刻なんですよ。

[画像をブログで見る]

 だって2700年になんなんとする歴史を本当におひとり、悠仁さまがたった一人で背負われていく形になってしまう。

 ただ、なんとかしなきゃいけない、というのは大前提なんですが、その時にどういうふうに、なんとかするのか。
 女性宮家、女性天皇を認めるのか、女系天皇を認めるのか、と意見が分かれる。」

 保守の論客である櫻井よしこ氏がきちんと整理していたので、議論は非常にわかりやすいものになっていた。
 これに対して歴史学者の立場から示した本郷和人氏のコメントも興味深いものだった。

●フジテレビ『日曜報道 THE PRIME』(づづき)

(本郷)

「天皇の歴史は非常に長いです。

(歴史から見ると選択肢の)どれでもOKなんです。

[画像をブログで見る]

 女系天皇というのはいらっしゃらなかったけれども、曲学阿世と言われてしまうかもしれないが、(どの立場も)支援はできる。

 中には臣籍降下(皇室がその身分を離れて民間人になること)されていった人、臣籍になっても天皇になられた人もいる。いろんな事例をもってくればどれも可能だと僕は思います。一番、大切なのは国民がみんなで考えること。それで納得すること。」

 歴史的にみてもいろいろなケースがあったので、「どれもOK」という本郷氏の説明は、大変わかりやすいものだった。

 もちろん「女性天皇」「女系天皇」などをめぐっては、いろいろな意見があるし、立場によって見解も異なるが、この番組がそうしたいくつかの意見をタブー視せずに視聴者に示したという点では意義深いものだった。1時間20分の番組が短く感じられた。

 さらに”皇室”のあり方だけでなく、”社会全体”を見据えて、「令和という時代にどうなっていくのか」に視野を広げていたのが、TBSの『サンデーモーニング』だった。

あわせて読みたい

「新元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  8. 8

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  9. 9

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  10. 10

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。