記事

世界を動かすスウェーデンの16歳女子高生グレタのメッセージ|英国議会スピーチを全訳しました

1/2

登校拒否をはじめたあるスウェーデンの女子高生

今、世界を動かしている高校生がいます。彼女の名前はグレタ・トゥーンベリ。スウェーデンの女子高生です。

2015年の夏から登校拒否をし、議会前に座り込む抗議活動を開始。「気候変動ための学校ストライキ (Skolstrejk för Klimatet)」と書かれたプレートを掲げ、一人っきりで座り込みを始めた当時は15歳でした。

2018年の9月に予定されていたスウェーデンの総選挙に向けて気候変動の危機を訴えるために始めたストライキの元には、次第に賛同者が現れ、数百人を超える規模に膨れ上がりました。中にはわざわざ休みをとり参加した教員もいました。

View this post on Instagram

Några bilder från idag. Tack till alla som kom och satte sig! #klimatstrejk #klimat

Greta Thunbergさん(@gretathunberg)がシェアした投稿 -

広がるムーブメント

その後、彼女は12月にポーランドで開かれた国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)や、2019年1月のスイス・ダボスでの世界経済フォーラムに招待され、そこでの発言やスピーチがさらに注目を集めることになります。グレタの主張に世界中の若者が賛同し各地でストライキが勃発していきます。

2018年11月のオーストラリアでは15000人、12月にはスイスで4000人、年明けのベルギーでは12750人、ドイツでは25000人、と徐々に勢力を拡大し、オランダ、アイスランド、ノルウェー、ニュージラーンド、デンマーク、フランス、イタリア、イギリス、アメリカ、カナダ、チリへと全世界に抗議活動は広がりました。

最終的には学校のない南極大陸以外、全大陸の2000都市で抗議活動が起きました。この世界中のムーブメントの中、グレタはメッセージを発し続け、その気候変動に対する危機感とその行動力が評価され、ついにはノーベル平和賞の受賞候補となったのです。

イギリス議会でのスピーチを全文和訳しました。

これまで何度も各地で彼女はスピーチをしてきたのですが、2019年4月のイギリス議会でのこちらのスピーチが特に素晴らしかったです。以下、動画です。



というわけで全文を訳して掲載します。なお、下訳をしてくれたのはフランス在住の宮寺隆行くんとハンリ・マーレンさんです。

あわせて読みたい

「スウェーデン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  3. 3

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  4. 4

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  5. 5

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  6. 6

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  7. 7

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  8. 8

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  10. 10

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。