記事

創価学会が会費無料で活動できるカラクリ

1/2

日本を代表する新興宗教として、大きな勢力を持つ創価学会。その組織が持つものとして広く知られるのが「聖教新聞」と「公明党」である。この2つは、創価学会の拡大にどんな役割を果たしてきたのか。宗教学者の島田裕巳氏が解説する――。

※本稿は、島田裕巳『親が創価学会』(イースト新書)の第1章「創価学会とはどういう宗教なのか」の一部を再編集したものです。

統一地方選後半戦の結果を受け記者会見する公明党の山口那津男代表=2019年4月22日、東京都新宿区の同党本部(写真=時事通信フォト)

■会員が自ら購読料と配達を請け負い、布教活動

『聖教新聞』は、1951年4月20日に創刊された。最初は10日ごとに刊行される旬刊だったが、しだいに発行の頻度が高くなり、1965年からは日刊になった。宗教教団の出している日刊の新聞は現在、統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)系の『世界日報』と『聖教新聞』だけである。

『聖教新聞』の購読者を増やすことが組織の拡大に結びつくと考えているため、創価学会に入会していない人間にもその購読を勧める。場合によっては、会員自身が購読料を負担し、読者になってもらうこともある。したがって、熱心な会員は、新聞の購読料を何部分も負担している。配達も会員がおこない、それは信仰活動の一環としてとらえられている。配達の報酬は、まったくないわけではないが、かなり薄謝である。ただ、配達員は、創価学会の組織から「無冠(むかん)の友」と呼ばれ、賞賛されるし、会員は「池田大作(いけだだいさく)先生のお手紙」を配達する重大な使命を果たしていると考えている。

『聖教新聞』の布教活動は、創価学会で重要視されている折伏(仏教用語で、相手の主張を論破し、屈服させることで教えを受け入れさせること)に近い。以前は、創価学会に対して猛烈に反発する一般の人たちが少なくなかったが、それも、かつては創価学会が盛んに折伏をおこなっていたからである。

会員が自宅に押しかけてきて、延々と折伏をおこなうこともあった。なかには、一般の日蓮宗や他宗派の寺、あるいはキリスト教の教会に出かけていき、そこで説かれる教えは間違っていると折伏をおこなうような会員たちもいた。これが、創価学会は攻撃的な宗教であるというイメージを生むことにつながった。

■創価学会が会費無しで成り立つワケ

経済的な面での創価学会の特徴は、創立当初から、入会金も月々の会費もないというところにあった。会員になっても、お金はかからないというわけである。

ただ、それでは組織としての活動はできない。そこで、資金源として活用されたのが、『聖教新聞』の購読料だった。現在、『聖教新聞』の発行部数は550万部に達しているとされている。会員が『聖教新聞』の拡大に熱心なのも、その購読料が創価学会の活動を支えているからである。

■ときには、会員から資金を集めることも

座談会(少人数が集まって信仰について話し合う場)の場合には、最小の組織である「ブロック」やその上の「地区」を単位として開かれ、会員の自宅が使われることがほとんどである。それとは別に、地区よりも単位として大きい「支部」などの会合もおこなわれる。本部幹部会の衛星中継を視聴するには大きな会場である会館が必要で、それは全国に約1200あるとされる。

そうした会館を建てるには建設資金が必要である。また、日蓮正宗と良好な関係が保たれていた時代には、大石寺に建物を寄進したり、日蓮正宗の寺院を各地に建立したりした。そのためにも資金が必要だった。そうしたときには、「ご供養」や「特別財務」という形で資金集めがおこなわれた。

ほかに、創価学会における資金集めの手段としては「財務」がある。現在の財務は、1年に1度年末におこなわれ、会員1人が1万円を収めることになっている。

■二代目会長が政界への進出を企てた

『聖教新聞』と並んで創価学会を語るうえで欠かせないのが、「公明党」の存在である。

創価学会二代目会長の戸田城聖は、1954年11月、組織のなかに文化部というセクションを設け、政界に進出する。文化部の部員が立候補したわけである。最初は都議会や区議会、市議会などの地方議会で、当選者は全部で53名だった。

この時点では、公明党は誕生していなかった。したがって、なかには、すでに存在している政党から立候補する者もいた。あるいは無所属での立候補だった。

翌1956年7月の参議院選挙では、6名が立候補し、全国区で2名、大阪地方区で1名が当選した。得票数は99万票で、次の59年の参議院選挙ではそれを248万票にまで伸ばした。議席も倍の6議席を獲得する。

その後、1961年には、文化部は公明政治連盟に発展し、64年には公明党が結成された。67年には衆議院選挙にも候補者を立て、公明党は25議席を獲得し、一躍野党第三党に踊り出る。第一党は日本社会党、第二党は民主社会党である。

公明党が多くの議席を獲得したことで、ほかの政党には脅威を与え、それが創価学会や公明党に対する批判にも結びついていくことになる。

あわせて読みたい

「創価学会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。