記事

生まれてはじめて見るものばかり。そんな昭和という時代には、「ワクワク感」があった - 「賢人論。」第88回山崎貴氏(前編)

2/2

苦労を乗り越えるからこそ、熱狂することができる

みんなの介護 日本あるいは日本人に「熱狂力」がなくなったのは、なぜだとお考えですか?

山崎 経済が成熟して、モノやサービスが簡単に手に入るようになったからでしょうか。お金が普通にあれば何でも簡単に手に入るので便利ではあるけれど、そこに達成感はないですよね。

僕は、「便利ならそれでいいのかな?」と思ってしまうんです。人間は何でか便利さを追い求めてしまいがちですが、「便利さ」の罠に、みんな気づいたほうが良い。「ラク」ってことに、人の心は動かないんですよ。だから、熱狂できない。

みんなの介護 簡単に手に入ったものを簡単に手放すのは、感動がないからですね。

山崎 僕はバンプ・オブ・チキンさんのライブによく行くのですが、そこではみんな熱狂していますよ。でも、それもきっと、いろいろなことを乗り越えて会場まで足を運ぶからこそ、生のバンドに会えたときの感動が大きいんだと思います。

映画も、今でこそスマートフォンや飛行機の機内で簡単に観られるようになりましたが、やっぱり本当は劇場で観て欲しいです。大きな画面で楽しめるように、すごく凝ってつくっていますしね。

AIには心がないからこそ、できることがあると思う

みんなの介護 先ほどの「熱狂力」の話で、昔は飛行機に乗るだけで近所の人が空港まで見送りに来て胴上げをしていた、なんてエピソードを思い出しました。今ではベトナムのような、経済が急速に発展している国で同じような光景が観られるそうです。改めて「昭和」という時代のエネルギーに圧倒されます。

山崎 『ALWAYS 三丁目の夕日』で描いた時代も楽しかったでしょうね。どう考えても「明日良くなる時代」ですから。

みんなの介護 これからの日本経済は成長するばかりか、人口減少によりどんどん縮小していくと言われていますから、高度経済成長期と比べると夢がないように感じますね(笑)。

山崎 いえいえ、そうは言っても僕は新しいもの好きですから、平成の次の時代も楽しみですよ。AIの技術がどこまで進んでいくのかなんて特に興味があります。僕としては、話し相手になってくれるようなAIに登場して欲しいですね。

みんなの介護 まさに、ドラえもんのようなAIですか?

山崎 いえ、ドラえもんのようにのび太くんを叱咤激励するのではなく、甘やかしてくれるAIが良いですね(笑)。ドラえもんはのび太くんを成長させるためのロボットなので結構厳しいですから。絶対に怒ったり、いじわるをしないAIが、自分をほめてくれたり、アドバイスをしてくれたりすれば、AIのことをだんだん好きになると思うんです。

今すぐには実現不可能でしょうけれど、技術が進歩していって「心があるとしか思えないようなAI」がきっと現れると思いますよ。そういうAIに「昭和の頑固じじい」みたいな人がほだされてメロメロになっていくのを見てみたいですね。

みんなの介護 それは面白そうですね!

山崎 きちんとチューニングができれば、それこそ介護のような感情労働(顧客に対して感情を抑えることで賃金を得る介護士や看護師、飛行機の客室乗務員など)にも向いているかもしれません。AIは、お年寄りから罵詈雑言を浴びせられても精神を病みませんからね。

みんなの介護 「AIには心がないから介護はできない」とよく言われますが、逆転の発想ですね。

お年寄りでも劇場に足を運びたくなる、そんな映画をつくっていきたい

みんなの介護 監督ご自身は介護を経験されたことはありますか?

山崎 いえ、同世代にそういう問題を抱えている人が増えてはいますが、両親も元気なので、自分のこととして介護を考えることはまだ難しいですね。

みんなの介護 今後、介護の映画をつくられるご予定は?

山崎 僕が撮るような映画で扱うのは難しいですね。若い頃かかわらせていただいた伊丹十三監督は社会問題をエンターテイメントにするのが得意だったので、今もご健在だったら介護を題材にして素晴らしい映画をつくられたかもしれません。

みんなの介護 伊丹さんと言えば、「マルサの女」などで知られる昭和を代表する映画監督ですね。

山崎 はい。伊丹さんとは系統が異なりますが、僕の作品はエンターテイメントものと言っても、昭和や戦争を扱ったものが多いので、多くのシニアの方々にも観ていただいているみたいです。『ALWAYS~』のときには、若いスタッフから「はじめて親にチケットを贈ります」と言われて、すごく嬉しかったですね。

今のシニア世代は、若い頃、映画館まで映画を観に行っていた世代です。その方々がワクワクして映画館に行きたくなるような映画をつくり続けていきたいと思っています。

みんなの介護 お年寄りが喜んで映画館に足を運ぶのは、介護予防にも良さそうです。

あわせて読みたい

「経済成長」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  3. 3

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  7. 7

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  8. 8

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

  9. 9

    植松死刑囚が風俗嬢に残した言葉

    篠田博之

  10. 10

    電通再委託 談合まがいの疑いも

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。