記事

東野圭吾のヒロイズムに共感できない理由

2005年に刊行され大ヒットし、その年の第134回直木賞を受賞した東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)。傑作として名高いが、歌舞伎町でホストクラブを運営する手塚マキ氏は「トリックよりも、一方的な『女性観』が気になってしまう」という。その理由とは――。※本稿は、手塚マキ『裏・読書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の一部を再編集したものです。『容疑者Xの献身』(著者 東野圭吾)天才数学者としての...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。