記事

夏の電力ピーク時にテレビ放送を休止してはどうか

先日、シノドスジャーナルに「この夏を乗り切るために私たちがすべき10のこと」と題して、節電しよう、みたいな文章を書いたのだが、昨日「報道ステーション」で、家庭やオフィスの具体的な節電提案をしていて、そうそうこれこれ、と思った。単に節電が必要、じゃなくて、視聴者に自分たちの問題ととらえさせようとしている姿勢は好感がもてる。

脱原発をアツく語り続けている同番組がやるべきなのは、電力が足りてる足りてるとぶちあげて危ない橋を渡らせることじゃなくて、圧倒的な節電でおもいっきり電力余らせて「なんだこれなら原発ほんとにいらないじゃん」とみんなに思わせるための具体的な提言だろう。根拠なくいうが、世の再稼働容認派の大半は原発が好きなんじゃなくて電力不足の影響がイヤなだけなので、産業界に無理をさせずにそういう状況を作れるなら、世論は一気に固まる。

でも、せっかくなら、テレビにはまだできることがあるはずだ。もっと直接的に。いうまでもない。それは、夏の電力需要のピーク時間帯に、テレビ放送を休止することだ。似たようなことを言ってる人は前にもいたと思うが、繰り返しになってもかまわないと思うので、手短にひとくさり。

放送を休止するというのは、もちろんテレビ局だけの問題ではない。それを見るであろう視聴者世帯のテレビのスイッチが切られる可能性を意味する。調べないで書いてるのでうろ覚えだが、午後2~4時あたりの時間帯の総世帯視聴率はおよそ30%前後だろう。これを信じるとして、全国約5000万世帯の全部にテレビがあるとして、その30%で見ているテレビを消したとしたら、そしてその消費電力の平均が概ね200Whぐらいだとしたら・・。この手の数字を出すとすぐあれこれ検証してあーだこーだケチをつける人がいるのであえてやらないが、とにかく相当規模の節電が期待できるであろうことはいえるはずだ。

ついでに、その間家を出て(その前にコンセントも抜いてな)、街中の「クールスポット」で過ごしていただくようにすれば、エアコンも消されてなおよろしいので、そのあたりも含めて。この2つで家庭の消費電力の3割だか4割だかぐらいを占めてるはずだ。これだけで「電力が圧倒的に余る」状況になるかどうかは怪しいものだが、少なくともこの夏に関していえば、実現すればそれなりの効果があるのではないかと思う。何より、世論が変わるだろう。

もちろんこれは、放送が休止したからといってそのテレビでゲームやったりDVD見たりすると台なしなので、そのへんも含めて、テレビで大キャンペーンを張っていただくとよろしい。つまり、家庭の消費電力を最小限にしようとする消費者のど力を後押しするために、テレビ局が自ら身を切る勇気を見せてはどうか、ということだ。少なくとも「報道ステーション」の皆様には熱烈なるご賛同をいただけるものと信じる。テレビ局としても、半端な募金やったり、なんちゃってチャリティ番組やったりするより、はるかに社会的責任を果たす行動だと思うのだが。

こうなったら、ぜひスポンサーにもご協力いただこう。スポンサー料を払って放送休止に協力する「勇者」企業が出たら、これは絶賛に値するのではないか。もちろんすべてのスポンサー企業がそうする必要はないが、そのくらいの気概のある企業があってもおかしくない。企業イメージ大幅アップ!ではないか。

放送には、何か非常事態が起きたときの情報ルートという大切な役割もある。これはぜひ、ラジオに担っていただこう。ラジオなら電池で動くし、どこにでも持ち出せる。夏の風物詩である甲子園の中継も、必要ならみんなでラジオの前にかじりつけばいいじゃん。これを機に、みんなラジオを持ち歩こうキャンペーンもやれば、防災上も有効だ。

以上、「暴論」シリーズの1つとして書こうと思ったんだが、これは暴論ではなく「正論」ではないかと思い直したので、この殴り書きのまま止めとく。

あわせて読みたい

「節電」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  2. 2

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  3. 3

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  5. 5

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  6. 6

    3位に日本 好みに影響を与えた国

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  7. 7

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

  8. 8

    ヒグマ駆除に抗議する人の身勝手

    鈴木宗男

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    他人を褒めなかった瀧本哲史さん

    宮崎タケシ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。