記事

高橋みなみさん結婚 著名人結婚報道の「妊娠」に関する記述は必要か


高橋みなみさんがご結婚された。一般男性だという。AKB48を牽引し、時代を切り開いていった彼女。何度かTOKYO FM「高橋みなみのこれから何する」でご一緒させて頂いたが、謙虚で熱くて、勉強熱心だった。前の進む力を感じた。娘も喜んでマラカスを断固として振り下ろしている。

おめでたい報道なのだが、例によって「高橋さんは妊娠していない」という、結婚報道における妊娠に関する記述にうんざりしている。

高橋みなみ結婚報告「令和元日」の理由明かした(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-05020001-nksports-ent

Yahoo個人のオーサーとして記事にコメントしたが・・・。
https://news.yahoo.co.jp/profile/author/tsunemiyohei/comments/posts/15567561999208.6a0f.14071/

公人の結婚や妊娠・出産・育児に人々が興味を持つのはよく分かる。ただ、妊娠はプライバシーの問題があり。さらに、デリケートな問題である。授からずに苦労している人もいるし、無事に出産するということが困難であることは誰もが知っている。別に子供だけが家族の幸せではない。

もちろん、番組やCMなどの関係もあるだろう。しかし、それは関係者同士で話せばいいことだ。

心からお祝いしたいと思っていたところに、この一文が水をさしてしまった。実に残念である。高橋みなみさんや、ファンが傷ついていないか心配だ。

このような芸能ニュースの腐敗と堕落を弾劾しなくてはならない。スポーツ紙は一大攻撃を芸能人の頭上にふりおろしている。凶暴な牙をむきだしにしている。この歴史を画する反動攻撃を木っ端微塵に粉砕すべく、総力をあげるのでなければならない。

芸能人も働き方改革が必要な時代だ。まず前提として、このような人を人とも思わないような報道に徹底的に批判をしなくてはならない。闘争の大爆発をきりひらこうではないか。

私は常々、このような報道を批判してきた。ただ、芸能ニュースは問題を一顧だにせず、完全に彼岸化してしまうのである。抜本的改善をかちとらなくてはならない。


最後に、高橋みなみさん、おめでとうございます。人生には3つの坂があります。上り坂、下り坂、そしてまさか!あ、乃木坂でもけやき坂もあります。どんな坂も二人で楽しく、根本的・普遍的矛盾に立ち向かいつつ、非妥協的に乗り越えてください。応援しております!

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。