記事

「象徴」って、何?~天皇はミッキーマウスたれ?

1/2

気になる「象徴」ということば

皇太子(浩宮徳仁親王)が平成天皇に代わって令和天皇に即位した。平成天皇は在位中、自らの課題として「象徴天皇として何をすべきか」を常に考察し続けたと頻繁に言及されておられた。そして令和天皇もまた「国民に寄り添い、象徴の責務を果たす」と宣言されている。

「象徴」としての天皇は日本国憲法公布以来の理念であり、日本国民は「天皇は日本の象徴」と認識してきた。しかし、ここであらためて問うてみたい。果たして「象徴天皇」、いやもっとはっきりと問えば、「象徴」とはそもそも何を意味するのか。実は、このことばを子どもの時に教えられた際、僕はその意味がサッパリわからなかった。そして、その後も学問的に学ぶまではずっと曖昧なままだった。

ということは、実は「象徴天皇」の「象徴」の意味をはっきり認識している国民は非常に少ないのではないか?(上から目線でスイマセン。しかし、誰に訊いても答はほとんど曖昧でした)。実際、常に「象徴」ということばには説明が加えられず、さながらブラックボックスのように扱われてきたように僕には思える(陰謀か?)。今回も、TVで象徴ということばが散々引き合いに出されているが、なぜかその説明はない。そこで、令和初日の本日、今回はこれを記号論的立場から考えてみたい。

記号論では記号(あるものがあるものを指し示す機能を備える事象全体を「記号」と呼ぶ。犬=ワンワンと吠える四つ足のペット動物、東京=日本の首都というように「名前と意味」のセットを記号と呼ぶわけだ。その典型は言語で、言語はあるもの=ことばそれ自体と、あるものを指し示すもの=その意味から構成されているからだ)には、その示すものと指し示されるものの関係=いわれの強さからイコン、インデックス、シンボルの三つがあるとしている。

もっとも「いわれ」の弱い象徴=シンボル

イコン(図像)の典型は写生した絵だ。つまり現物を写し取ったコピー。また、パソコン・デスクトップ上のゴミ箱のアイコンは本物のゴミ箱をカリカチュアライズしたもので、これもイコン。つまり現物とそれを指し示す記号には図像的に類似性=強いいわれがある。

次がインデックス(指標)で、その典型は、たとえば矢印や葬式会場を示す人差し指が差し出された貼り紙などが該当する。これらは「示すもの=部分」で「指し示されるもの=全体」を表すという特徴がある。後者(葬式貼り紙)の場合、人差し指(=示すもの)が指し示す方向にその全体、つまり葬儀会場がある。

また「たこ焼き」という名前も典型的なインデックスで、これは小麦粉で作られたボール状の団子の真ん中にタコの小さな切れ端が入っているだけ、つまり全体の一部に過ぎないのに、事物全体を「タコ」という部分が代表称している。

よく考えれば、このことばがおかしいのは、たとえば「いか焼き」をイメージしてもらえばいいだろう。こちらはイコン、つまりイカそのものが文字どおり示されている。もし、いか焼きと同じようにたこ焼きを表現すれば「小麦粉ボール、タコの切れ端入り」になるはずだ(その逆なら、いか焼きはイカの一部が入れられたこ焼き様の食べ物になる)。言い換えればインデックスとしての記号はイコンに比べるといわれが低い。

そして、最もいわれ、つまり示すものと指し示されるものの関係が薄いものがシンボル、つまり「象徴」だ。象徴=シンボルの場合、示すものと指しされるものの関係=いわれは全くない。赤い色をなぜ「赤=アカ」と呼ぶのかは全く根拠がないし、生まれた子どもに付けられる名前にも全く根拠がない。

だから前者の場合、赤い色=指し示されるものに対応する示すものは文化によって異なる(英語=レッド、タイ語=デーン、イタリア語=ロッソなど)。後者の場合、生まれた子どもにどんな名前を付けてもいい(個人が勝手にいわれを付けることはあるが、そのいわれと生まれた個体との関係は全くない)。

こうした「示すものと指し示されるもの」の関係にいわれがないことを記号論では恣意性(あるいは任意性)と呼ぶ。ただし、このいわれのないものであっても、いったん関係が固定され、認知されてしまえば、二つの間にはさながらいわれがあったかのように強い拘束力が発生する。たとえば信号の赤色は「止まれ」で、他の意味解釈は許容されない。

そしてこうした関係性が全くないものが無理矢理接続され、それがあたりまえになってしまった時、示すものは指し示されるもの全体を代替するイメージとして機能することになる。典型的な存在は会社のロゴで、たとえば自動車メーカーのロゴはその企業のアイデンティティを示し、消費者は車のデザインそれ自体よりも、むしろロゴから企業のイメージを喚起するようになる。つまり、関連が本来無いのに、示すものが指し示されるものと強く結びついたモノやコトのことをシンボル=象徴と呼ぶわけだ。

象徴の政治性

しかし、この示すものと指し示されるものの関係は、前述したように「恣意的」であるため、いかようにも組み合わせが可能だ。また「単なる象徴」と「人物や性格を備えた象徴」では、その性質が異なっている。単なる象徴の場合、示すものと指し示されるものの関係は比較的安定=固定している。

言い換えれば二つの関係が揺らぐことは難しい。一方、人物や性格を備えた象徴の場合、関係は安定しない。示されるものが、その主体の行動でいかようにも変化するからだ。そして、天皇の場合、当然だが象徴としては後者の特性を備えている。

だから「象徴天皇」という存在は常に議論の的となる。とりわけ政治的な側面との関わり合いにおいて、その関係が問題になるのだ。そうした意味では「象徴天皇」ということば自体が極めて曖昧なものであり、それだからこそ平成天皇は象徴天皇としての立場を考え続けさせられることになったのだろう。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。