記事

日本で10年働く38歳インドネシア人男性看護師の告白

インドネシアから来日して10年の看護師、モハマド・ユスプさん

帰国のために辞職を考えたときは、勤務先の病院から引き留められた

 日本で働く外国人労働者は約146万人で、前年同期比で14.2%の増加を記録した(2018年10月厚生労働省発表)。2019年4月1日からは改正入管法が施行され、深刻な人手不足に悩む日本は、5年間で最大34.5万人の外国人を受け入れるという。日常を振り返ると、今ではコンビニエンスストアで外国人店員と応対するのは普通になり、看護や介護の現場でも多くの外国人が活躍している。「日本で働く外国人」の今を追うライターの服部直美氏が、看護師のモハマド・ユスプさんが杉並区の河北総合病院で働きながら日本滞在10年になった背景についてレポートする。

この記事のその他の写真

 * * *
 2008年、28歳でEPA(経済連携協定)に基づく第一陣インドネシア看護師候補者として来日した時は「ありがとう」しか日本語が話せなかったという看護師のモハマド・ユスプさん。その後、4回目の挑戦で日本の看護師国家試験に合格し、現在も東京の河北総合病院・整形外科で看護師として毎日忙しく働いている。

「最初は3年だけと思って……10年も日本に住むと思ってなかったです。国家試験4回目の時は死ぬほど勉強しました。仕事終わってから、お祈りとお風呂と料理以外は全部勉強、どこにも出かけない、ひきこもりみたいだったね」

 インドネシアで看護学校の教師だったとき、EPAの募集を知ったユスプさんは海外で働いてみたいという好奇心と、幼い頃から日本が大好きだったこともあり、応募を決意。妻子を残し単身来日する。半年間、研修センターで勉強し、日本語もかなり話せるようになったと自信を持っていた。看護助手として働きながら国家試験合格を目指す生活が始まったが、すぐに合格して、海外で働く看護師になれると思っていた。

 ところが病院で実際に看護助手として働き始めると、教科書で勉強した日本語を普段話す人は少なく、早口で何を言っているのか全然分からない。看護師試験どころではなかった。

「薬の名前もカタカナは英語からが多い、でも日本人の発音は知っている英語の発音と違うので混乱した」

 日本では高等専門教育であっても、外国語はすべてカタカナに変換し日本語らしい発音に変えられる。元の英語で同じ物事を覚えた事があっても、まったく新しい単語として記憶し直さなければならない。そして、インドネシアと日本では看護師の仕事内容も違い、更に困惑する。

「インドネシアでは家族が介護の面倒をみるから、ナースコールも1日3~4回だけ、でも日本は付添人なしで看護師が身の回りの雑事にも応えるため、コールは数えきれない。看護の仕事だけど介護の部分も多い。たとえ国家試験に合格しても、日本で看護師になるのは絶対無理だと思った」

 ちょっと気弱になるときもあったけれど、国家試験合格のために通勤中はヘッドフォンで日本語を繰り返し聞き、仕事中も患者さんの言葉が理解できないときは、同僚の看護師に助けてもらった。辞書を持ち歩き、家中のあちこちに日本語を貼り、血圧、脈拍、配膳など、病院では必ず必要となる難しい漢字も必死で覚えていく。挫けそうになった時、参加した勉強会で同じインドネシア大学卒業生の仲間が、自分の知らない漢字をたくさん習得していたことも刺激となった。国家試験の過去問を何度も解き、出題パターンが分かるようになるほど、まさに寝る間も惜しんで勉強を続けた。

 そして2012年、日本の看護師国家試験に見事合格。EPAに基づく受験者の合格率は約10%(当時)という狭き門を、見事に突破した。来日前は、漢字はもちろんのこと、ひらがなもカタカナも全く分からなかったユスプさんの血の滲むような努力と、たくさんの人達の支えでやっと掴んだ合格だった。

 その後、ずっと離れて暮らしていた妻子をようやく日本へ呼び寄せる。しかし看護師になったばかりで、更に勉強を重ねなければならないうえに、日本語が全く分からない家族との新生活には、更なる困難が待ち受けていた。

「病院の勉強もたくさんあるのに、息子の学校からは毎日お知らせや連絡帳がくるし、宿題もいっぱい。妻は日本語ダメだから、私がチェックしなきゃいけない……もう大変で。合格して早く家族と一緒に暮らしたいって思ったけど、ちょっと早かったなって」と振り返る。

 しかし、ユスプさんの心配を覆すように、長男は3か月もすると流暢な日本語を話せるようになった。「子供の耳は柔らかいから早いね」と、さらに公文にも通わせて国語を集中的に勉強させた。片言の日本語しかできない妻にもママ友ができ、日本の生活に馴染んでいった。

 ところが、ユスプさんは看護師となって3年目のとき、病院にインドネシアへ帰国したいと相談していた。母国で仕事をするためには、そのときが彼にとってタイムリミットだったからだ。

 インドネシアでは中途採用の壁は高い。日本では看護師のような国家資格持ちならば、年齢を厳しく設定されることはあまりない。ところが、インドネシアでは35歳までという年齢制限が多い。今後のキャリア、そして年齢的に最後のチャンスかもと悩んでいた。

「インドネシアで公務員になりたいという気持ちもあって。私はインドネシアでは真面目なほうだけど、日本人は本当に真面目で、何でもきっちりしている。1分ごとにやることが決まっているから、ゆっくり、のんびりしたインドネシアが時々とても懐かしくて……」

 東南アジアの国々は、東京と違い、ゆっくりと時間が流れていく。青い空、太陽の眩しい光、豊かな緑、モスクから聞こえてくる祈りの声、おおらかで穏やかな人々の笑顔、そんなインドネシアが懐かしくてたまらなくなる瞬間が、この長い10年の間、ユスプさんにもきっと何度もあったのではないだろうか。

 しかし病院としては、ユスプさんはすでに立派な戦力、「もう少し考えてほしい」と説得された。それに、すでに日本の生活を気に入っていた家族の為に考え直したという。

「長男が小学3年生だったから、じゃあ卒業まではいようって。日本で次男も産まれたし、で、またのばして、もう10年ね。奥さんは息子たちの教育のこともあって日本で生活したい。でも私は、今もインドネシアに帰りたいなって思うことあります」

 日本で子育てをするために、様々な工夫もしてきた。15歳になったら集団礼拝が義務になる息子のために、金曜日はモスクへ通わせてくれる公立中学校を探し、引っ越した。「HIKAKINばっかり見ている(笑)」という子供たちからは、仕事では覚える機会があまりない、野菜の日本語などを逆に教わっている。

 ユスプさんのように、学校でも職場でも日本に馴染んで暮らし、学び、働く人がいる一方、ようやく国家試験に合格しても馴染むことができなかったり、続けることが困難になって帰国してしまう人たちがいるのも現実だ。

 ユスプさんも、まったく不安なく日本で暮らし続けてきたわけではない。日本の食品は成分表示が日本語でしか書かれていないため、来日してしばらくは怖くて食べるものが限られた。

「コンビニのおにぎりも、日本に来てから10か月経って初めて食べました。『豚』という漢字を真っ先に覚えて、ベーコンが豚肉だということを初めて知りました」

 イスラム過激派組織IS(イスラム国)によるテロ事件などが連日メディアで報道されたときには、ヒジャブ(イスラム教徒の女性が着用するスカーフ)を被る妻への日本人の視線が気になったこともある。とはいえ今では東京駅やディズニーランドにも礼拝室が設けられており、ハラールフードを買える店も増えた。少しずつではあるが、イスラム教徒に暮らしやすい環境も整えられつつある。

「看護師の仕事は夜勤もあるし、大変。でも、冬は長野でスノーボードをするのが楽しみ。あ、でも納豆だけはダメです。今まで頑張って10回くらい試してみたし、すごく高い納豆も買ってみたけど。大変なこともたくさんあるけど、日本の生活は楽しいです」と最後に笑顔で語ってくれた。

 急速に少子高齢化が進む日本では、これからも人材不足の担い手として多くの外国人の助けを借りなければならない。日本で長く働くつもりではなかったユスプさんが、10年も日本で暮らし、働き続けてくれたのは、本人の努力はもちろん、職場や学校、友人たちの協力と、ひょっとしたら偶然も働いたのかもしれない。彼やその周囲の人たちがどのように受け入れ、文化を尊重し、理解し、思いやりの心を忘れず、共存関係を築いている様子を知ることで、日本で働く外国人と築く、新しい日本の姿が見えてくるかもしれない。

●はっとり・なおみ/広島県出身。保育士、ツアーコンダクターを経て香港へ。日本語学校で働きながら香港中文大学で広東語を学んだ後、現地の旅行会社に就職。4年間の香港生活を経て帰国。著書に『世界のお弁当: 心をつなぐ味レシピ55』ほか。

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  8. 8

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  9. 9

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    橋下氏 進次郎氏に欠けた点指摘

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。