記事

生物多様性ってヤバイ おまえら『大哺乳類展2』にはもう行きましたか? 科学教育ってものは、実にむつかしいものです - 山本 一郎

 今年の6月16日まで、上野の国立科学博物館では特別展『大哺乳類展2』をやっているんですよ。

【写真】山本家の三兄弟を見る

 皆さん、もう行きましたか。


©iStock.com

テーマは『生き残り』

 拙宅山本家には小学校4年生、3年生と年長さんという息子3人がおるわけなんですが、今回の大哺乳類展は本当に楽しくて大興奮でしてね。3月21日に始まって以来、もう10回近く足を向けたでしょうか。科学博物館のリピーターズパスを持っていれば980円になるんですが、小学生は600円で、毎回子どもたちの手を引いて入るたびに2,180円かかります。ちょっとした映画館に通い詰める感覚があります。

 何がいいって、この大哺乳類展のテーマ。すなわち『生き残り』。

 つまりは、私ら生物は、生き残り、子孫を残し、そして死んでいく。そのサイクルのなかで、気の遠くなるような昔からさまざまな作戦を練り、身体を作り替えて、生き残ってきたという歴史が、この特別展に詰まっておるわけであります。

 ある者は敵から逃れるために皮を伸ばして木から木へ滑空し、ある者は食事をしたくて海に戻り、またある者は狩りをするために獲物よりも速く走る能力を身に付けた。ヤバイ。生物の生き残りに対する切実な思いが、世代を超えて体そのものを作り替えてしまうわけなんですよね。新たな種が生まれ、多様化が進む一方で、環境に適応できなくなった目(もく)は傘下の種が絶滅していき、目ごと衰退していく。

馬刺しとか美味しく食べている場合ではない

 日ごろよく見るお馬さんのいる奇蹄目(ウマ目)、2006年ごろに分子生物学によるDNA解析で実は同じ蹄を持った似た生物である鯨偶蹄目(ウシとかラクダとかシカとか)よりも、食肉目(猫ちゃん)に近いことが判明した。マジか。しかし、進化の歴史の中でお馬さんの一族は種の絶滅が起こり、ウマ目全体としては衰退の方向に向かっているという。これはマズい。馬刺しとか美味しく食べている場合ではないのです。

 また、日ごろ食べる食物に応じて、歯もまた進化する。草食の動物はすりつぶす臼歯を発達させ、魚を丸呑みするイルカは捉えた魚を逃がさないために同じ形をした歯が整然と並んでいるのです。ハダカデバネズミはあらゆる動物よりも速く歯が生え、その頑丈な歯で地中を掘りながら前に進んで暮らしている。何という必要に応じた進化の歴史と驚くべき多様性。

「何だよ親父、知らねえのかよ」と煽る長男

 さらには、動物の移動(ロコモーション)に関する分類や解説では二足歩行を獲得した人類が如何に特殊であるかを実感させられるだけでなく、同じ四本足でも用途に応じた歩き方の違いや、甲羅で覆われたアルマジロが歩幅を稼ぐためにちょこちょこつま先立ちで歩いているという愛らしい姿なども展示されています。その横では、業界最速のチーターがなぜ速く走れるのかという身体の使い方まで動画で出ていて大満足。そのビデオでは捉えられた草食動物が無事死亡。喰う、喰われるという食物連鎖の粋がこの特別展には詰まっている気がするんですよね。

 そして、さっぱり分からんので興味津々の拙宅三兄弟からの質問には何一つ答えられないわたくし。はっきり言って、46年間生きてきたけど動物の遺伝子とか生き残り作戦とかこれだけがっつりまとめて見たのは初体験なので、知識がないのです。「何だよ親父、知らねえのかよ」と煽る長男と顔が真っ赤になる私。悪かったな。で、登場するのは電波で解説してくれる音声ガイド。1機550円也。息子たちの知的好奇心をかわすにはこれを与えておけば大丈夫という父親マストレンタルアイテムであります。ただし、これを貸すと父親よりも息子たちのほうがはるかに詳しくなって、帰り際にルンルンで「鯨ってカバから進化したんだね」とか話し合ってるのを「えっ、何? 何?」と聞き返す羽目になるわけです。

進化の一つひとつに、きちんとした理由がある

 何が凄いって、ウマから牛からヤギから、そして吊り下げられたクジラまで、各種標本が私たちを出迎えるようにこっちを見ている光景は、大スペクタクルであります。多様性ヤバイ。これは守らなければならないと思いますわ、ほんとに。そして、その進化の一つひとつに、きちんとした理由がある。また、なぜ生き残ってきたのかにも理屈があって、遺伝子の偉大さ、生命の尊さを肌で感じることのできる非常に素晴らしい内容に仕上がっているわけですよ。

 私たち人類は、これら哺乳類の進化の歴史の先に咲いた生命の花の、ほんのわずかな一種に過ぎない。二本足で歩き、本来は脆弱であるはずだった先人類の、生き残り作戦とは、二本足であることで初めて自由になった両手と支えられるようになった脳の容量であったという。そこから人類の長い進化の歴史は始まるわけなのですが、いまや人類は種としての生き残りは果たしたものの人類同士の争いで生き延びなければならなくなっているというのは実に皮肉なことだなと思います。

 長男が、ぽつんと「分子生物学で祖先が遡れるなら、昔の滅んだ生き物のDNAとか再生できないのだろうか」といい、次男が「絶滅するのは切ないから、せめて全部のDNAとっておけないだろうか」と話し、三男が「生き物を全部どんどん進化させたい。リスに人間の脳を乗せたらリス人間になれるの?」と問う。生き物を知るということは、人間を知るということであり、我々が何者でありどこへ行くのかを知る大事な刺激なのだろうなあと強く感じるわけであります。

常設展も楽しいんですよ

 何度もきて、隅々まで展示を見ているはずなのに、来るたびに新しい発見や思考に辿り着くというのはこの特別展の良さであり奥深さであると思います。また、子供連れからお年寄りまでかなり幅広い来館者が展示を楽しんでいるように見受けられ、長い長いゴールデンウィークにどこにも行く予定がないよという皆さまは是非足を向けてみていただければと存じます。

 蛇足ながら、この素晴らしい特別展を後にすると科学博物館の常設展、とりわけ地球館巡りをするのであります。本物のプラントハンターやビーズの展示があったり、企画展もたくさんあって楽しいんですよ。

 で、次男が特に宇宙や原子に興味があるので地球館の地下3階がお気に入りなのですが、ノーベル賞を受賞した栄誉ある日本人たちのパネルに出迎えられてご満悦になりつつ、奥の宇宙の展示が、まあなんつーか、古いわけです。2015年にニューホライズンズが冥王星に接近して詳細な撮影や観測をして、ハート形の謎の模様の発見に世界の物好き(山本家を含む)が釘付けになっていた割に、科学博物館の冥王星の展示は粗いドット絵のような写真のまま。

いつまで親子で博物館通いをさせてくれるのかなあ

 太陽系や地球の誕生を操作できる機体は子どもに人気なもののさすがに表示も古臭く、またビッグバンからいまに至るビデオも映像機器が焼き付いているのかイマイチ鮮明でなくて、せっかく優れた場所に高い知見の展示をしているのだから、もう少し今風にできないのだろうか、最新とまでは言わずとも内容を更新できないものだろうかと思うわけですね。リニューアルした「シアター360」も臨場感があって超楽しいんですが、理系的知識の入り口としては常設展示が重要だと思うんです。

 三兄弟が大のお気に入りである地球史ナビゲーターの入り口には「すべては原子でできている」という名言が記され、その原子よりも小さいものを見つけるために、高エネルギー加速器研究機構が電子と陽電子をぐるんぐるん高速で回してぶつけて壊して中身を観測しているんだよ、という加速器の説明をするたびに、もっとこう、行き届いた感じにしてほしいなあと願うわけであります。

 そして、そういう子どもたちの手を引きながら、いつまでこうやって親子で博物館通いをさせてくれるのかなあと父親として思います。それでいて、「パパとママはどうやって俺たちを生んだんだろ?」「精子と卵子がくっつくんだよね?」と尋ねられてしまうという。科学教育ってものは、実にむつかしいものです。

(山本 一郎)

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。