記事

米中貿易交渉、2週間で決着の公算=大統領首席補佐官

[ビバリーヒルズ(カリフォルニア州) 30日 ロイター] - 米国のマルバニー大統領首席補佐官は30日、対中貿易交渉が「どちらに転んでも」向こう2週間で決着する公算が大きいという認識を示した。

さらに、米国にとって素晴らしい内容でなければ合意しない考えも表明した。

マルバニー氏は会合で「永久には続かないし、どの交渉でもそうだが、ある時点で結果を出す段階に近づけば、続けようとするだろう。他方で着地点が見いだせないとどこかの時点で判断する可能性もある。どちらにしても向こう数週間中に判明するだろう」と述べた。

また、米経済情勢については「良好」とし、「2020年大統領選に向け好況が続くだろう。有権者は何が有益であるか分かるだろう」と述べた。

さらに、ホワイトハウスでは政権幹部の離職が相次いでいるものの、今後大統領選にかけて要職交代は多くならないだろうと述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  9. 9

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  10. 10

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。