記事

天皇陛下 今日退位

天皇陛下は、今日30日、陛下一代限りの退位を認める皇室典範特例法に基づき退位されます。現行憲法で初めて即位された天皇陛下は、美智子皇后陛下とともに、憲法に定められた「国と国民統合の象徴」としての姿を追い求められ、今日の多くの国民が親しみと尊敬の念を抱く皇室を作ってこられました。

退位の日の今日、天皇陛下は、午前10時すぎに、宮中三殿の「天照大神」をまつる賢所(かしこどころ)に礼拝され、「退位の礼」を行うことを伝えられる「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれました。皇太子さまも装束を着て礼拝されました。皇后さまと 皇太子妃雅子さまは、お住まいで静かに過ごされた、とのこと。

皇居では、午後5時から、宮殿で202年ぶりの天皇の退位の儀式となる「退位礼正殿の儀」が行われます。天皇陛下は、皇后さまとともに儀式に臨み、国民への最後のおことばを述べられることになっています。天皇陛下は、日付が変わると同時に皇位を退かれ、皇太子さまが新たな天皇として即位され、時代は平成から令和へと変わります。

テレビ各局、新聞各紙は、天皇・皇后両陛下の特集を組み、象徴としてのあり方を模索してこられた平成の30年間を、詳しく報じています。日本全体が祝賀ムードという感じですが、私達ひとりひとりも、象徴としての天皇のあり方、退位が一代限りでよいのか、そして再三指摘しているように女性天皇・女系天皇を認めないと皇室は途絶える可能性があること、その前段階として女性宮家をどう考えるか等、しっかり考えていく必要があると思います。

成人男性のみが列席するという今回の儀式、参列者は秋篠宮さまと悠仁さまの2人だけで、前回の6人から減っています。このまま課題を放置すると超少子社会の中、悠仁さまが即位される時には、他に誰もいないという可能性もあります。

8割から9割の国民が、皇室に親しみを感じているのは、ともに手を携えて歩んでこられた天皇・皇后両陛下の30年によるものと思います。これからの皇室が、時代の変化の中で、どのようなものになっていくのか、注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  4. 4

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  8. 8

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  9. 9

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コロナ患者受け入れ 条件で断念

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。