記事

天皇陛下 今日退位

天皇陛下は、今日30日、陛下一代限りの退位を認める皇室典範特例法に基づき退位されます。現行憲法で初めて即位された天皇陛下は、美智子皇后陛下とともに、憲法に定められた「国と国民統合の象徴」としての姿を追い求められ、今日の多くの国民が親しみと尊敬の念を抱く皇室を作ってこられました。

退位の日の今日、天皇陛下は、午前10時すぎに、宮中三殿の「天照大神」をまつる賢所(かしこどころ)に礼拝され、「退位の礼」を行うことを伝えられる「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれました。皇太子さまも装束を着て礼拝されました。皇后さまと 皇太子妃雅子さまは、お住まいで静かに過ごされた、とのこと。

皇居では、午後5時から、宮殿で202年ぶりの天皇の退位の儀式となる「退位礼正殿の儀」が行われます。天皇陛下は、皇后さまとともに儀式に臨み、国民への最後のおことばを述べられることになっています。天皇陛下は、日付が変わると同時に皇位を退かれ、皇太子さまが新たな天皇として即位され、時代は平成から令和へと変わります。

テレビ各局、新聞各紙は、天皇・皇后両陛下の特集を組み、象徴としてのあり方を模索してこられた平成の30年間を、詳しく報じています。日本全体が祝賀ムードという感じですが、私達ひとりひとりも、象徴としての天皇のあり方、退位が一代限りでよいのか、そして再三指摘しているように女性天皇・女系天皇を認めないと皇室は途絶える可能性があること、その前段階として女性宮家をどう考えるか等、しっかり考えていく必要があると思います。

成人男性のみが列席するという今回の儀式、参列者は秋篠宮さまと悠仁さまの2人だけで、前回の6人から減っています。このまま課題を放置すると超少子社会の中、悠仁さまが即位される時には、他に誰もいないという可能性もあります。

8割から9割の国民が、皇室に親しみを感じているのは、ともに手を携えて歩んでこられた天皇・皇后両陛下の30年によるものと思います。これからの皇室が、時代の変化の中で、どのようなものになっていくのか、注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。