記事

4月30日(火)ムネオ日記

「平成」の時代が終わり、明日から「令和」に入る。

31年前、小渕内閣官房長官が緊張の面持ちで「平成」と額を掲げた光景が懐かしく想い出される。

あの時、私は当選2回40歳だった。改めてこの30年を振り返る時、感慨無量である。

昨年12月、天皇誕生日にあたり天皇陛下は、日々歩まれてきたことを「旅」といわれ、その「旅」が終わり、新しい「旅」に出られることになる。

平成の「旅」の中で心に残るのは、各地を慰霊なされたお姿である。

平成17年(2005年)、サイパン島でバンザイクリフに向かって黙礼されるお姿、戦後70年平成27年(2015年)、パラオ・ペリリュー島でのお姿は今も目に浮かぶ。平和に対するお心が伝わり、ただただ頭(こうべ)を垂(た)れたものである。

また、災害の時、被災地に向かい、ひざを折り、被災者を励ます両陛下のお姿に日本が一つになり、復興に向け雄々(おお)しく立ち上がる基になった。

平成の30年に心から感謝し、次の「令和」の時代も司々(つかさつかさ)の人が、国民一人一人がそれぞれ責任を果たしていきたいものである。

昨夜21時15分から阿寒湖畔阿寒湖アイヌシアター「イコロ」で、「ロストカムイ」をNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構理事長大西雅之夫妻と観る。

アイヌとエゾオオカミの共生をテーマに自然を尊(とうと)び、共存してきたアイヌの世界観を体感する踊りに魅了、圧倒された。

絶滅してしまったエゾオオカミを敬うアイヌ民族の優しさ、自然に感謝する脈々とした文化、心に触れ感激した。

全国の皆さんに是非とも観てもらいたい、いや、観る価値のあるものと推薦したい。

今日は十勝管内大樹町でインターステラテクノロジズ(IST)の実験場で観測ロケット(MOMO3)の打ち上げに立ち会うべく向かった。

民間企業では初の高度100キロ以上の宇宙空間に臨む予定だったが、バルブの不具合で打ち上げは延期された。平成最後の大イベントと期待したが、上手くいかないものである。

鈴木北海道知事はじめ米沢帯広市長、各町村長と懇談できただけでも来てよかった。

18時から東京での予定があるので帯広から上京。

※阿寒湖畔阿寒湖アイヌシアター「イコロ」にて

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  8. 8

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。