記事

【読書感想】平成の終焉: 退位と天皇・皇后

1/2
平成の終焉: 退位と天皇・皇后 (岩波新書 新赤版 1763)
作者: 原武史
出版社/メーカー: 岩波書店
発売日: 2019/03/21
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る
内容紹介
平成とは天皇制の新たなスタイルが確立された時代だった。日本中をくまなく訪ね歩き、自らの思いを国民に直接語りかけてきた天皇明仁と皇后美智子。二人が生み出した「平成流」は退位後も受け継がれていくのか。皇太子(妃)時代からの足跡を丹念にたどり、「象徴」と国民との奇妙な政治的関係性を問い直す。

 まもなく、「平成」が終わり、「令和」の時代となります。

 思い返してみると、僕が子どもだった昭和40年代から50年代というのは、「天皇という存在は日本に必要なのか?」という疑問を持っていた人が少なからずいたのです。

 正直、僕も「生まれたときから身分が決まっていて、年間何千万円も税金をつかっておいしいものを食べている人たちが、なぜいるんだろう、不平等じゃない?」と子供心に考えていたんですよね。

 昭和天皇には、太平洋戦争での戦争責任という問題があったのと同時に、太平洋戦争から敗戦。高度成長期という日本の劇的な時代をともにしてきた、という愛憎入り乱れた思いを多くの人が持っていたのです。

 でも、今上天皇(もうすぐ上皇になられますが)には、そういう「物語」がなかった。

 「平成」がはじまったときには、そんな天皇が存在感をみせることができるのだろうか、と僕は思っていました。

 ところが、この30年あまりで、天皇や皇室への好感度は、昭和の時代よりもずっと上がったように感じます。というか、「反感を抱く理由がなくなった」と言うべきなのかもしれません。

 著者は、昭和時代の皇太子だった頃の今上天皇と美智子妃殿下の公務での様子や考え方から、この平成の時代を過ごしてきた天皇・皇后としてのおふたりのスタイル、そして、「生前退位」という選択について、丹念にたどりながら、「平成の天皇・皇后像」を語っています。

 僕は昭和と平成の時代しか生きていないけれど、同じ「天皇」であっても、昭和天皇と今上天皇が追い求めた「理想の天皇像」は違っていたし、次の天皇もまた、異なるスタイルで職務を全うしようとするはずです。

 別の人間だから、それは当然のことであり、いまの「大多数の国民に敬愛される皇室」というのは、伝統的なものではなく、今上天皇・美智子皇后によってつくられてきたものなのだから。

 逆にいえば、「国民から愛されない皇室」が、今後、出現してくる可能性も十分あるんですよね。

 ここで分析の対象となるのは、「おことば」で強調された「皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅」です。明仁、美智子夫妻は、1959年(昭和34)年4月に結婚してから、1989年1月に天皇、皇后となり、2019年4月に退位するまでの60年間、ほぼ一貫して二人で全国各地を訪ね歩き、「時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うこと」を続けてきました。

皇太子(妃)時代にすでに全都道府県を一巡し、天皇、皇后時代に皇后が一回しか訪れることができなかった香川県を除いて二巡しています。香川県には皇太子(妃)時代に三回訪れていますから、どの都道府県にも少なくとも三回は二人で足を運んでいることになります。

「平成」の最大の特徴は、天皇と皇后が常に行動をともにすることにあります。天皇明仁は在位最後となる2018年12月23日の誕生日に際して、「自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います」(宮内庁ホームページ)と述べています。この「旅」はもちろん人生全般を指していますが、文字通り旅そのものを指していると見ることもできます。

 たしかに、天皇と皇后が常に行動をともにしていたのが「平成」の皇室像なんですよね。

 そして、これほどまでに全国くまなく訪れ(世界中への慰霊の旅も含めて)、大きな災害の被災地にも積極的に訪問をつづけたという、両陛下の「献身」が、人々の心を動かし、皇室への敬愛を育てた、とも言えそうです。

 血筋での「偉さ」だけでなく、「自分たちにはできない、立派なことを愚痴ひとつこぼさずに続けている」のだから、応援せずにはいられなくなるのです。

 今回の「生前退位」について、僕自身は「ご高齢であるにもかかわらず、さまざまな行事をこなすのは身体的にもきついだろうし、皇太子が高齢になりすぎないうちに、天皇としての職務をつとめさせてあげたい、というお気持ちもあるのだろうな」と、抵抗なく受け止めました。というか、「いままで長い間おつかれさまでした」という気持ちなのです。
 
 しかしながら、この「生前退位」へのプロセスには問題があることも著者は指摘しています。

 2016年8月8日に天皇陛下の「おことば」ビデオメッセージで放送される前までは、国民にも、内閣にも、「天皇陛下もご高齢で大変だろうから、退位をおすすめしてはどうか」というムードはありませんでした。もちろん、国民が天皇という存在について、あれこれ言うのは、ましてや、退位とか譲位についてなど、おそれおおい、という考えが根強いのも事実でしょう。しかしながら、本当にこういう形でよかったのか、と著者は述べています。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  6. 6

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  7. 7

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  8. 8

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

  10. 10

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。