記事

日本で働く外国人が感じたギャップ「マナーが厳しい」「時間に厳しい」「上下関係に厳しい」

日本で働く外国人が感じたギャップ
日本で働く外国人が感じたギャップ

マイナビは4月24日、「在日外国人へのアルバイト意識」の調査結果を発表した。調査は今年3~4月にネット上で実施。日本でアルバイト経験のある15歳以上の在日外国人294人から回答を得た。

日本で働いてみて感じた母国とのギャップを聞くと、上位3つは「挨拶・マナーが厳しい」(39.1%)、「時間に厳しい」(36.1%)、「上下関係が厳しい」(34.7%)となり、礼儀作法に関する回答が目立った。母国とは違う、日本人の真面目な国民性や日本独特の文化を現場で感じていることがうかがえる。

「日本語での履歴書の準備が大変」「求められる日本語レベルが高すぎる」

アルバイトを探しで魅力を感じる条件を聞くと、1位は「外国人を歓迎している」(48.6%)。2位以降、「給料が高い」(41.8%)、「交通費がもらえる」(37.1%)、「未経験を歓迎している」(36.1%)、「シフトを自由に決められる」(34.4%)という結果となった。

就労関係の在留資格のある外国人は、トップ3の条件が約7割と顕著となっている。アルバイトを探す上で給与などの待遇や、働く上での環境面が重要であることがわかった。

日本でアルバイトを探す際に大変なことを聞くと、最も多かったのは「外国人が勤務可能な求人が少ない、又は限られている」(40.1%)。外国人アルバイトの受入れ体制に不満を感じていることが明らかになった。

次いで、「日本語での履歴書等、書類の準備」(27.9%)、「求められる日本語レベルが高すぎる」(26.5%)、「就労に必要なビザ取得などの手続き」(23.1%)と続き、エントリーから選考、内定までの一連の流れや、言語の壁に困難を感じていることがわかった。

あわせて読みたい

「外国人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  6. 6

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  7. 7

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

  10. 10

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。