記事

引退アスリート「CMギャラ」元稀勢の里が1200万円で急上昇

ギャラ急上昇の元稀勢の里(現・荒磯親方)

「4月、著名人のCMの年間契約料金が改定されました。そのなかで、5件しかない『億』を超える契約のすべてがアスリートです。なんとしても契約を勝ち取りたい企業は、契約料金を吊り上げて独占しようとするんです」(広告代理店)

「カネさえ積めば契約する」とならないよう、調整役を担うのが大手広告代理店である。今回、本誌は、大手広告代理店が約6000社のクライアントに提示している資料を入手し、男女計115人を抽出し、「男性」「女性」「引退選手」の3つの部門に分けてランキング形式でまとめた。引退選手部門を紹介しよう。

 一時代を築いたアスリートは、現役を引退してもなお、大きな影響力を持つ者も多いが、そんななか1位にランクされたのが、2018年度から2500万円アップのイチローだ。2001年、2004年に続いて、3度めとなる「国民栄誉賞辞退」も話題を呼んだ。

「かつては億を超えていた契約料も、半減していましたが、『虎は死して皮を留め、人は死して名を残す』の格言を地でいく、ドラマのような引退劇で、再び脚光を浴びました。アップ分は引退のご祝儀と、今後の期待値でしょう」(キャスティング担当)

 全盛期は、億を超える契約料金と本数で、女性アスリート部門のみならず、総合順位で長らくトップの座をキープしていた浅田真央は、6位タイ。2019年は2月から、全国をまわるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」をスタートさせた。

「現役引退後は、アイスショーのプロデュースに情熱を燃やしていますが、その宣伝もあってか、テレビ出演のハードルは下がっています。彼女が、今も『国民的スター』であることは誰もが認めるところ」(CMプランナー)

 6位で浅田に並ぶのは、2018年度CMゼロながら、いきなり3000万円の高値がついた貴乃花光司。藤田紀子&花田虎上と和解を実現させようと、水面下でテレビ局が動いているとの情報もある。知名度は抜群だが、相撲協会の辞め方に疑問符がついたため、使う側からすれば懸念があったというが……。

「昨年10月に出演した人気バラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)の視聴率は15.2%と、あらためて人気の高さを証明しました。

 また、これまではCM依頼は相撲協会を通さなくてはいけなかったのが、協会を辞め、芸能事務所と業務提携を結んだことでオファーがしやすくなった。

 現在の相場は『最低3000万円』ですが、企業によっては5000万円出すところもあるでしょう。昨年度はCMはゼロでしたから、この額は異例といえます」(広告代理店)

 2017年に19年ぶりの日本出身横綱になりながら、横綱在位12場所の短命に終わった荒磯親方(元稀勢の里)も、一気に1200万円の高値がついた。ソフトバンクのCM「白戸家『福引当たる』篇」に出演し、上戸彩らと共演している。

「久々の『日本出身横綱』という判官びいきもあり、しばらくは広告価値はある。さっそく、ソフトバンクのCMが放送されている。ただ、かつてCMで人気を博した高見盛(振分親方)のように、コミカルなものに対応できるか」(キャスティング担当)

 先ごろ、久しぶりに公の場に姿を見せた我らが「ミスター」こと長嶋茂雄氏は、3位と相変わらずの人気ぶり。

「大病を患った現在では、新規の撮影は難しいが、その存在だけで誰をも凌駕するのが長嶋さん。『セコム』は出演がなくても、出演料を払いつづけているようです」(CMプランナー)

 ビッグイベントである東京五輪を間近に控えた2019年度は、業界全体に「手控え感」があることは否めないという。だが、新たな「金メダルスター」が誕生すれば、一気にギャラが跳ね上がることは間違いないだろう。

 次のページでは、引退選手部門の1~30位までの、今年度&昨年度ギャラと番組出演料をまとめてお見せしよう。

2500万円アップのイチロー

【2019年度 元アスリートCMギャラランキング】

●1位:イチロー(45・野球)/7500万円(2018年度は5000万円)/番組出演料250万円

●2位:松岡修造(51・テニス)/6000万円(2018年度は5000万円)/番組出演料50万円

●3位:長嶋茂雄(83・野球)/5000万円(2018年度は5000万円)/番組出演料100万円

●同4位/
・松井秀喜(44・野球)/2018年度は4000万円/番組出演料150万円

・長嶋一茂(53・野球)/2018年度は3500万円/番組出演料40万円

●同6位/3000万円
・浅田真央(28・フィギュアスケート)/2018年度は3000万円/番組出演料70万円

・貴乃花光司(46・相撲)/2018年度はなし/番組出演料70万円

●8位:福原愛(30・卓球)/2500万円(2018年度は2500万円)/番組出演料35万円

●9位:古田敦也(53・野球)/2200万円(2018年度は2500万円)/番組出演料30万円

●同10位/2000万円
・宮里藍(33・ゴルフ)/2018年度は3500万円/番組出演料40万円

・黒田博樹(44・野球)/2018年度は3000万円/番組出演料80万円

・中田英寿(42・サッカー)/2018年度は2500万円/番組出演料80万円

・野茂英雄(50・野球)/2018年度は2000万円/番組出演料100万円

・吉田沙保里(36・レスリング)/2018年度は1500万円/番組出演料40万円

・具志堅用高(63・ボクシング)/2018年度は1500万円/番組出演料30万円

●同16位/1500万円
・新庄剛志(47・野球)/2018年度は2000万円/番組出演料35万円

・魔裟斗(40・格闘技)/2018年度は2000万円/番組出演料20万円

・赤井英和(59・ボクシング)/2018年度は1500万円/番組出演料25万円

・舞の海秀平(51・相撲)/2018年度は1500万円/番組出演料25万円

・村上佳菜子(24・フィギュアスケート)/2018年度は1200万円/番組出演料25万円

●21位:前園真聖(45・サッカー)/1300万円(2018年度は1200万円)/番組出演料25万円

●同22位/1200万円
・潮田玲子(35・バドミントン)/2018年度は1500万円/番組出演料25万円

・織田信成(32・フィギュアスケート)/2018年度は1500万円/番組出演料20万円

・高田延彦(57・格闘技)/2018年度は1300万円/番組出演料20万円

・花田虎上(48・相撲)/2018年度は1200万円/番組出演料30万円

・金本知憲(51・野球)/2018年度は1200万円/番組出演料25万円

・上村愛子(39・スキー)/2018年度は1200万円/番組出演料20万円

・荒磯親方(元稀勢の里、32・相撲)/2018年度はなし/番組出演料30万円

●29位:畠山愛理(24・新体操)/1100万円(2018年度は900万円)/番組出演料25万円

●同30位/1000万円
・北島康介(36・競泳)/2018年度は1500万円/番組出演料30万円

・篠原信一(46・柔道)/2018年度は1500万円/番組出演料20万円

・澤穂希(40・サッカー)/2018年度は1000万円/番組出演料30万円

・武田修宏(51・サッカー)/2018年度は1000万円/番組出演料25万円

・亀田興毅(32・ボクシング)/2018年度は1000万円/番組出演料25万円

・増田明美(55・マラソン)/2018年度は1000万円/番組出演料20万円

(週刊FLASH 2019年5月7・14・21日合併号)

あわせて読みたい

「CM」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。