記事

蛭子能収のゆるゆる人生相談「母の介護を手伝わない兄」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(71)が、読者からの相談に答える!

【Q】「情が薄い55歳の兄は、母親の介護は妹や弟まかせ。ヤンチャな兄で、親は手を焼いて育てたのに実家に顔を見せない薄情者。どうしたら母の介護を手伝ってくれますか?」(まちまち子先生・52・パート社員・岐阜県)

【A】「情が薄いも厚いもない。オレは金でしか動かない」(蛭子能収)

親の介護を家族でみるのは大変なんじゃないですか。兄貴に無理やり手伝ってもらっても、面倒なことが起こる気がしますけどね。きょうだいで助け合って親の面倒をみるなんて幻想だと思いますけどね。まいっか。

オレは感情では動きません。ボートレースでも負けが続いて「次は勝ってやる」とか強く思うと冷静な予想ができなくなります。情熱を抑えてレース展開を読みます。それでも負けてばかりですけどね……てへっ!

いま毎週木曜日のゴールデンタイムに放送している『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)に出演しています。オレの体がきつくてやめたのに、太川さんとまた一緒に旅番組に出ることでギャラがアップされたと報道されたようですね。

太川さんのことはわかりませんが、『旅バラ』では、オレが1人で資金を節約しながら旅をする企画があるんです。ゴールしたときに余った資金は「お小遣いにしてもいい」とマネージャーから言われ、がぜんやる気になりました。オレは金でしか動きません。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  6. 6

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  7. 7

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    香港デモ長期化で漂う不穏な空気

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。