記事

平成から令和へ

 いよいよ時代は平成から令和へと替わろうとしている。30年前の改元は昭和天皇の崩御という慌ただしく、また悲しみの中で行われたため、心に余裕を持って新元号を受け止められなかったのは、私だけではなかったはずだ。

 今回は打って変わって、多くの国民が平成という時代を振り返り、その評価や反省、懐かしさを吟味する時間を確保することができたのではないか。さらには新しい令和という時代がどのようなものになるのか、どのような時代にしたいのか、期待と不安を感じ取ることもできたのではないだろうか。

 令和の時代は「人々が心を寄せ合い、新しい文化が生まれ育つ」という言葉の由来からも、平成の時代にも増して人々の絆が高まり、生活上の幸福度が高まることを期待したい。しかしながら既に人口減少が日本経済の足を引っ張りはじめ、AIやIOTが人間から仕事を奪いかねない勢いを待ちはじめ、世界では民族や宗教の対立からテロや紛争が拡大しつつある。

 我々がとるべき態度は、事態が悪化する原因をただ憂えるのではなく、様々な知恵を集積し、国や地域や仲間で力を合わせ、これらの原因を一つひとつ丁寧に、諦めずに潰していくことではないか。「心を寄せ合う」「文化が生まれ育つ」とは、まさにこのような人々の姿を表しているのだと思う。

あわせて読みたい

「新元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  6. 6

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  7. 7

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  8. 8

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  9. 9

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。