記事

井上達夫、山尾志桜里が出た番組を見て

昨日、田原総一朗の「激論クロスファイア」に、井上達夫、山尾志桜里が出ていたのを見た。
田原氏の井上氏に対する「難しい」の決めつけが過ぎる。
しかし、そもそも法律の問題は一般人にとっては難しい。田原氏は一般人の代表かもしれない。

日本国憲法の場合、誤魔化しの上に誤魔化しを重ねてきたため、もう解きほぐせない糸玉みたいな状態にまでなっている。

一般常識として「国軍」を持たない独立国家などないという真実から分からせなければならない。
「国軍」を持たない民主主義もないと啓蒙しなければならない。
本当はたったこのくらいの真実は、教科書で教えておくべきことなのだ。
香山リカみたいな、日本のリベラルを自称する左翼言論人や、立憲民主党に巣食うシールズ的な護憲派幼児たちが、国家の最低要件も受容しないのだから、どうしようもない。

井上氏が憲法9条は削除していい、憲法98条に侵略戦争はダメだと書いてあると言っても、一般国民はピンと来ない。

そもそも国際社会では侵略戦争は許されないことになっている、国際法上はそうだと言っても、現実はアメリカもロシアも中国も侵略戦争をやっている。
中国は台湾の武力侵攻の準備をしている。

だから憲法9条に「侵略戦争はしない」と書かないと国民は安心しないだろう。
さらに「実力組織」は完全に意味不明だが、「戦力」という言葉も「国軍」とどう違うのかと疑問を抱くだろう。
「戦力」という言葉自体が誤魔化しではないかと訝るのだ。

それは「国軍」を持つことにすらアレルギー反応を起こす、幼稚な「人民」が圧倒的多数になってしまったからであり、米軍がいるから生まれた依頼心の結果である。
米軍がいなくなる時にしか、日本人民には、独立心が芽生えないのかもしれない。
未だ「国民」ですらないのが、日本人なのだ。

日本人の大人に向かって話すのと、幼児に向かって話すのと、どちらを選ぶかと問われたら、わしは幼児に向かって話す方を選ぶ。 大人は幼児の脳のまま固まってしまっているからだ。

あわせて読みたい

「憲法9条」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。