記事

池袋事故で加熱する"上級国民"叩きの深層

1/2

東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が亡くなった。この事件をめぐり車を運転していた男性に対し、「現行犯逮捕されなかったのは、”上級国民”だからだ」という憶測が出回っている。その理由について、文筆家の御田寺圭氏は「この社会には"不公平感"というマグマが蓄積しているのではないか」と分析する――。

2019年4月19日、東京・池袋の事故現場。乗用車(右奥)が歩行者をはねた事故現場を調べる警察官。(手前)は普通車と衝突したごみ収集車=東京都豊島区(写真=時事通信フォト)

「ハイパーエリート」だから逮捕されないという憶測

母子2人が死亡し、8人の重軽傷者を出した池袋自動車暴走事故。犠牲となった母子の遺族が記者会見を開き、憔悴しきった様子でその胸中を吐露する様子は、正視に堪えないほど悲痛で切実なものだった。

事故を起こした無職の男性は東京大学を卒業して官僚となり、企業の重役を務め、さらには勲章受賞者でもある、いわゆる「ハイパーエリート」だったことが判明しており、そのことが現行犯逮捕されなかったことに影響しているのではないかという憶測が事故の直後から急速に広まっている。上記男性の経歴自体は真実だが、あたかも「超法規的な不逮捕特権(刑罰回避特権)」が存在するかのように断じられているのはいささか飛躍している。

「上級国民」というワードはどこから来たか

事故直後に本人の働きかけによってフェイスブックが削除されたとか、携帯電話が解約されたとか、いわゆる「逆SEO(検索にヒットしにくくする工作)」がかけられたなど、証拠隠滅の工作を行ったのではないかという未確認情報がネット上には大量に出回っている。これらはあくまで未確認情報であり、現時点では真偽のほどは不明である。

それにもかかわらず、これらを事故直後には早々に真実であると断定して「ほらみろ、証拠隠滅に動いているじゃないか(それなのに逮捕されないのはおかしい、罰せられるべきだ)」と憤る人びとの数は日に日に膨れ上がり、男性が過去に勤めていた会社は異例のコメントを発表するまでに至っている。ついにはハッシュタグが登場して本人へのバッシングが大勢によって繰りひろげられたり、厳罰を求めるネット署名活動が展開されたり、その過程で個人情報が特定され家族や親族にまで累が及んでいる。その様子はまさに「正義の炎に燃える大衆」の恐ろしさをひしひしと感じさせるものだ。

事故を起こした男性のことを「上級国民」と多くの人が呼ぶようになっているが、もともと「上級国民」とは匿名掲示板「2ch(現:5ch)」のなかにある「嫌儲板」の人びとが、自分たちとはかけ離れた人生を送っている富裕層やエリートたちを侮蔑して(また身分の差はないとする社会の前提を嘲笑する向きも含めて)用いたのが発祥だった。今回の事件に際して、多くの人が当たり前のように「上級国民」というワードを使用しているさまには驚きを禁じ得ない。社会に不満を持つ層が集まるインターネット・コミュニティの片隅で局所的に用いられてきたにすぎなかったことばがここまで浸透力を持つとは予想だにしていなかったからだ。

この社会に蓄積する「不公平感」というマグマ

「上級国民」という、身分差別を彷彿とさせるような語が抵抗なく広がっていること、またこのことばがある種の「私的制裁の正当化の方便」として用いられていることから、この社会には音をたてずに「不公平感」というマグマが蓄積しているのではないかと考えさせられる。

なんらかの理由で暴走した自動車が無辜の市民を死傷する事故はこれまでに何度もあったが、今回ほどの「正義の群衆」をつくりだしてはいなかった。加害者がエリートであったこと、犠牲者が無辜の市民であり、命を落としたのが幸せな暮らしを送る母子であったこと、そしてそのエリートが他の事故とは異なって逮捕されなかったように見えたこと、そのすべてがこの「不公平感のマグマ」を爆発させる起爆剤として作用したように思えた。たとえば被害者が幸せな母子ではなくて身寄りのない高齢男性などであったならば、おそらくこれほどの反応は惹起されなかったはずだ。

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  2. 2

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  3. 3

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  4. 4

    家出少女を待ち受ける男性の本性

    文春オンライン

  5. 5

    台風被害タワマン住民が現状語る

    SmartFLASH

  6. 6

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  8. 8

    桜を見る会で騒ぐ野党議員に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    テレビ出演減らしたヒロシの真意

    たかまつなな

  10. 10

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。