記事

海外在住邦人の滞在歴マウンティング 長いだけで上から目線

海外に滞在する日本人コミュニティに起きがちなマウンティングとは?(写真/アフロ)

 今年のGWは戦後初の「10連休」。海外旅行も思いきって遠方へ飛び立つ人も少なくないだろう。異国の地で羽を伸ばす人がいる一方、海外でも日本的しがらみに悩む人がいた──。

 学歴、年収、仕事、家族、人脈、持ち物…会話の中で、何かしらの優位性を相手に示して上に立とうとし、人をイライラ、嫌な気分にさせるマウンティング。どこのコミュニティでも起こりがちだが、海外ならではのマウンティングとは? ドイツ在住歴5年半、著書に『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』(新潮新書)がある、ライターの雨宮紫苑さんがリポートする。

 * * *

 最近よく耳にするようになった言葉、「マウンティング」。わたしがこの言葉をはじめて聞いたのはたしか、2014年前に放送されたドラマ『ファーストクラス』でのこと。

 当時はまだ聞き慣れない言葉でしたが、現在「マウンティング」という言葉は、日常的に使われるようになっています。ではどういうときに「マウンティングされている」と感じるのか? わたしの場合それは、滞在歴自慢をされたときです。

◆滞在歴マウンティングに辟易

 1年間の留学時代を含め、ドイツでの生活ももう5年半になりました。そのなかで知ったのは、世の中には滞在歴でマウンティングしてくる人が一定数いるということ。海外在住歴が長いことを理由に、上から目線で話してくるのです。

「ドイツ語が下手でも笑う人はいなかった」と言えば、「まだお客さん扱いされてるだけなのに気づきなさい」と言われる。外国人なんて珍しくないので、いちいちお客さん扱いなんてされない気がするけどなぁ。

「ドイツにも残業はある」と書けば、「自分は○年住んだけどみんな残業はしなかったからこの記事はまちがい」というコメントが届く。必ず。100%。統計を載せて、労働研究所の方に取材をしてコメントをつけても、それでも否定される。なぜなら「先輩である自分の体験のほうが正しいから」。

 Twitter上で有名かつ何冊も本を書いているとある海外在住者には、「海外にちょっと住んだだけの若い子の情報は鵜呑みにするな」「現地で付き合っている人たちのレベルが低いからそう思うだけ」なんて書かれたことも。統計や実際の体験談も全否定。さすがに苦笑するしかありません。

 在住歴マウンティングは早いもの勝ちで後発組は覆せないので、目の上のたんこぶ感がすごい……。

◆直線的な否定よりも情報交換を

 以前この件についてツイートしたところ、5000以上の「いいね」がつき、「わたしの在住国にも滞在歴を理由にえらそうに振舞う人がいる」というコメントをいくつもいただきました。

 ほかの日本人を「新参者」「わかってない」と見下す人は一部とはいえ、どこにでもいるんですねぇ。

 たしかに、長く暮らしたことによって見えてくることもあるでしょう。でもそれなら、在住歴を理由に上から目線で否定するのではなく、「自分の場合はこうだった」と情報交換すればいいだけだと思うのですが。

 また、20歳の留学生と、ドイツで就職した25歳と、結婚移住して子育て中の30歳と、転勤で渡独した40歳とでは、海外生活で体験することがまったくちがいます。1年でドイツ語をかなり習得する人もいれば、いつまで経っても勉強せず話せない人もいる。

 なぜそういったちがいを差し置いて、滞在歴で上下関係をつくりたがるんでしょう。

◆海外にまで「上下」を持ち込まれるのは面倒くさい

 そもそも、「長くいる人間のほうが上」という考えは、とても日本的ですよね。部活でも企業でも、組織に身を置いている期間が長いことはそれだけでステータスになる。「芸歴」なんかが顕著です。後輩は先輩を立て、気を遣うぶん、先輩は後輩の面倒を見るし、なにかあったら責任をとる。ギブ&テイク。

 しかし、海外移住の理由や目的、現地でのライフスタイルは人によって大きくちがうので、いちいち海外でまで上だの下だのやられると、「ことさら面倒くさい」感があります。「日本という国を出てまで『先輩』を理由にいばりますか?」と。

「長く暮らしている自分のほうが正しい」

「あとから来た人に対してはえらそうに振舞ってもいい」

 わたしはこんな考えを、『在外邦人先輩風症候群』と、こっそり呼んでいます。

「10年も野球ファンをやっていればそれくらいわかるよ。君はまだまだだね」といばる人と同じ。要は、先輩ぶりたいのです。

 本人は意地悪している気なんてありません。むしろ、「まちがった考えを自分が訂正してやろう」くらいに思っている。年上だから、先輩だから、自分のほうがよく知っているし、より正しい答えを出せると確信している。後輩の反論なんて許さない。それが『在外邦人先輩風症候群』です。

◆関係作りがフラットなドイツ

「歴」を理由に上に立ちたがる人はどこにでもいますが、あえて『在外邦人』とつけるのは、日本を出ても日本的な人間関係をつくりたがるからです。

 そもそもドイツでは、日本的な「上下関係」という考え自体があまりありません。

 大人どうしならまずは互いに丁寧に話すのがマナーで、60代のご近所さんだって最初はわたしに丁寧語を使っていました(フレンドリーな人は最初からタメ口だけど、その場合こちらもタメ口でOK)。語学学校の先生だって、最初に「タメ口でいいか」を確認します。

 上司だから、先輩だから、なにを言われても反論しない……なんてことはありません。客が横柄なら店員の態度も悪くなります。

「先輩後輩」「上下関係」という価値観が薄いドイツでは、えらそうに振る舞う大義名分がないのです(教授のように「尊敬される立場」というのはありますが)。

◆関係作りドイツ派と日本派 価値観の齟齬

 わたしも含め、ドイツで会った多くの日本人はそれに順応して、「ドイツに来てまでどっちが年上とか気にしなくていいよね」なんて言います。というより、「立場や年齢に関わらず互いに尊重しましょうね」。

 しかしそこに、「日本人同士なんだから日本流の人間関係を築くもの」「自分は年上、先輩だから敬われる立場である」と思っている人がいると、互いに期待する振る舞いの認識がズレます。

 滞在歴が長いからといって「いろいろ教えてくださいね」なんて慕ってもらえないし、苦労話をしても「尊敬します」なんてヨイショしてもらえない。先輩はイライラ。後輩は後輩で「この人えらそうだなぁ」「やたら口出ししてくるなぁ」と違和感を覚える。

「ドイツにいるんだからドイツ流の人間関係で」派からすれば、在住歴マウンティングは「先輩風を吹かせたい面倒な人」に思えますが、相手からすれば「日本人同士だから日本的な上下関係が生まれて当然」なのかもしれません。

 どっちが正しい、というわけではありませんが、それなら別会計が当然のドイツでも「先輩だからここは出すよ!」とぜひおごってほしいなぁ、なんて思います。そしたら純真無垢な顔をして「先輩、ありがとうございます!」と言うんだけど。

◆「上下」にこだわらないアドバイスを希望!

 もちろん、滞在歴が無価値というわけではありません。先輩からのアドバイスに助けてもらうこともありますし、親切な「先輩」だってたくさんいます。

 ただ、「わたしの場合はこうだった」「昔こういうことがあった影響なんだよ」と教えてもらえれば「勉強になるなぁ」と思うけど、「わたしの方が長くいるんだから正しいんだぞムキーッ」「自分の言うことを聞かないなんて生意気だぞコラーッ」と言われると、「ドイツに来てまでそれやりますか」となるだけで。

 わたしの場合はむしろ、滞在期間が長くなるにつれ「知らないことばっかりだ」と自分の無知を痛感しているので、すべてを知った気になっている人は今後新しい発見がなくつまらなそうだなぁなんて思っちゃいます。フレッシュな視点のドイツ分析もおもしろいですし。

 とはいえドイツ暮らし5年半を数えそれなりに慣れてきた現在、気づかないうちに「自分のほうがわかってる」先輩ヅラをしているかもしれません。気をつけなければ……。

 海外でまで日本的な「上下」にこだわらず、各々海外生活を楽しみましょう。ということで、解散!

日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち (新潮新書)

あわせて読みたい

「海外移住」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  3. 3

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「選挙行くな」動画に悪質との声

    女性自身

  5. 5

    香水許せぬ 極端に不寛容な日本

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文在寅氏に向きだす韓国民の怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    自民議員 TV局のTweet謝罪に苦言

    和田政宗

  8. 8

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  10. 10

    新聞はこれから生き残れるのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。