記事

人間より賢いアリに学ぶ"GW渋滞回避法"

1/2

超大型の10連休を迎える日本では、各地で大渋滞の発生が予想されている。「渋滞学」の研究者である西成活裕氏は「アリのように混雑の予兆を察知して車間距離を詰めなければ、渋滞は回避できる」という――。


「渋滞学」を研究する東京大学先端科学技術研究センター教授の西成活裕氏

■万物は渋滞する

【三宅義和氏(イーオン社長)】西成さんは世界で初めて渋滞を科学的に定義することに成功されましたが、「万物は渋滞する」という言葉をよく使われますよね。

【西成活裕(数理物理学者)】どんなものでも流転するのであれば、どんなものでも「よどみ」が起きるということです。渋滞といっても車だけではなく、群集も渋滞しますし、売れ残った本や積み上がった在庫も商品の渋滞です。あるいは上の世代が詰まっていてなかなか出世できないという人事の渋滞もありますね。

【三宅】渋滞学を始められたきっかけは何ですか?

【西成】私はもともと、水や空気の流れを専門で研究していました。しかし、流れの学問自体、300年ぐらい前からある学問なので、ほとんどのことは解明しつくされています。せっかく勉強してきたのに研究テーマが見つからない、このままでは研究者として生きていけないと悶々していたときに、さきほど言った万物の渋滞に気がつきました。そこから全力で舵を切って、今まで行ってきた研究を捨てて渋滞研究の世界に入りました。

■人生は諦めるかやり抜くかしかない

【三宅】かなり勇気のいる決断だったのではないですか?

【西成】でも戦略もありました。将来、渋滞や混雑は必ず社会問題になるだろうと。それに科学の力で世の中の困りごとを解決することこそ科学者の使命ですからね。

ただ、始めてみるといばらの道で。研究費はもらえないし、学会で発表してもみんなぞろぞろと帰ってしまって司会の方と私だけになってしまうとか。悲惨な生活が6年ぐらい続きました。

【三宅】それでもよく続けられましたね。

【西成】ニーズは絶対にあるという信念はありましたからね。ただ、日本の学会が想像以上に保守的だったので、正直、研究者をやめることも少し考えていたんです。あるとき、5年目のときに尊敬する先輩に今後のことを相談したら、こう言われたのです。「人生って2つあるのを知っているか? 諦めるか、やり抜くかしかないんだ。できなかったというのは諦めただけなんだ。まだ5年だろ。じゃあ7年はやれ」と。この一言で生かされましたね。諦めるかやり抜くかしかない。確かにそうだと。

【三宅】仕事でも英語でも全部に言えますね。

■新聞記事、出版、テレビとブレイク


イーオン社長の三宅義和氏

【西成】本当にそうです。そこからさらに2年弱頑張ったときに一気にブレイクしましたから。

【三宅】『渋滞学』(新潮選書)の一冊ですね。いろいろな賞も取られました。

【西成】直接のきっかけはある全国紙から渋滞特集で取材を受けたことです。当時は理解者が少しずつ増えていて、友達が「西成っていう面白い学者がいるから取材に行け」と勧めてくれたそうです。ただ、記者さんとしてはあまり乗り気ではなく、当初は小さな記事で扱われる予定でした。でもいろいろ話をしたら、これは面白すぎるといってカラーで半面の扱いになり、次の日に新潮社から出版オファー、さらにはテレビ番組「世界一受けたい授業」の出演オファーがきました。

【三宅】環境が激変しましたね。

【西成】まさに継続は力なりです。先輩が言っていたことはこれかと。諦めずにちゃんとやってればちゃんとお天道さまが見てるんだと。もう涙ものです。

■車間距離を詰めすぎてはいけない

【三宅】私は毎日、高速道路を使っていてよく渋滞に巻き込まれます。車が多いから渋滞すると思っていたのですが、必ずしもそうではないという実感を持っています。

【西成】普通はそう思いますよね。でも車が多くても渋滞しないときもあれば、少なくても渋滞するときもある。なにが原因なのかといえば結局、車と車の間隔です。車間距離を詰めすぎている集団がいると、そこが渋滞の種となります。

1時間の間にある地点を通過する車の数が約2000台を超えるのが渋滞発生の目安です。すると5月、8月、12月の連休時期はどうしても2000台を超えやすい。その時期は私もテレビ出演が多くてスケジュールが大渋滞します(笑)。そもそも2000台を超えている段階で私を呼んでも手遅れなのです。

問題なのは1800台とか、本来は渋滞が起きなくてもいい条件のときに渋滞が起きることです。ではなぜ起きるかというと、一部のドライバーが「ちょっと混んできたな。本格的に混む前に早く目的地まで行きたいな」と思って車間を詰め始めることにある。すると局所的に2000台を超えた状態になるんです。下手をしたら1600台でも渋滞は起きますから。この詰めすぎが大きな原因なのです。

■アリは人間より賢く、混雑の予兆を察知して対応する

【三宅】アリは渋滞しないというお話を聞いたことがあります。

【西成】アリは人間より賢くて、混雑の予兆を察知したらそれ以上詰めないでバッファ(余裕)を残します。それを物理の世界最高峰の雑誌に投稿したら一発で載りまして、掲載翌日にはヨーロッパ中の全メディアで「アリは渋滞しない」と報道されました。どれだけ平和なニュースなんだ、と。

【三宅】人間が詰めている場合ではないですね。

【西成】結局、アリが渋滞しない理由も、間隔を詰めるアリは進化の過程で絶滅したからだと思います。ホモ・サピエンスが誕生して20万年といわれますが、アリは2億年ですから。もっと自然から学ぶべきです。

【三宅】ドライバーはどんなことを意識すればいいですか? 無駄な車線変更をやめるなどでしょうか。

【西成】車線変更は大きいです。せっかく車間距離をとっていても間に1台入ったら車間が一気に縮まるので割り込まれた車がブレーキを踏んでしまいます。以前、東名高速でお盆の時期に起きた40キロ渋滞の原因をデータで調べたのですが、犯人はたった1台の追い込み車線への割り込み。後ろの車がバッとブレーキを踏むと、そのあとダダダっとブレーキのバトンのリレーが始まって、40キロ渋滞の出来上がりです。

【三宅】ブレーキのバトンですか。

【西成】はい。だからバトンを伝えたら負けなんです。100台に1台でもいいので車間距離を多めに開けてる車がいると渋滞を吸収できます。車間距離というものは貯金のようなもので、混んでいないときからゆとりを持って、混んできたらだんだん貯金を使っていけばいい。そういうイメージです。ただ、5月、8月、12月はもっと根本的な対策が必要ですが。


イーオン社長の三宅義和氏(左)と渋滞学の西成活裕氏(右)

あわせて読みたい

「ゴールデンウィーク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  4. 4

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    ラグビーW杯「日本不利」予想か

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

  8. 8

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  9. 9

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

  10. 10

    橋下氏 徴用工の個人請求権残る

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。