記事

地方創生:農林水産品の輸出を強力に推進

今週、第1回の「農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」を開催しました。

安倍政権は農林水産業を地方創生の重要な柱と位置付け、輸出の拡大に取り組んできました。

政権発足前には年間約4500億円だった輸出額は、昨年には9000億円を超え目標とする1兆円の達成が目前となっています。

世界の食の輸出市場は150兆円とも言われて、九州と同じ程度の面積であるオランダは約10兆円を輸出しています。
日本の野菜や果物は安全安心で美味しく、アジアで大変に人気があり、我が国の農林水産品の輸出はまだまだ大きく伸ばすことができます。

一方で、輸出額が急増するにつれて、多くの課題が浮き彫りになっています。

例えば、欧米に牛肉を輸出するために必要な処理施設の「認定」について、厚労省や都道府県の対応が追い付かず、認定が完了していない施設が多数生じています。

EUにホタテを輸出するためには、生産海域の水質のモニタリングが必要とされていますが、対応できているのは北海道と陸奥湾しかなく、他の東北地方のホタテは輸出ができません。

タイでは野菜や果物の輸入について今夏から新たな証明書の提出を求める予定ですが、こうした相手国の規制強化に対して、迅速に対処する必要があります。

そこで今回、こうした課題に対応し、政府一丸となってさらなる農林水産品の輸出拡大に取り組むために関係閣僚会議を立ち上げました。

食品安全を担当する厚生労働大臣と農林水産大臣を始め、関係省庁が連携して、規制への対応を強化し、可能な限り多くの国に多くの品目が輸出できるような環境整備を早急に行っていきます。

第一回目の会議では、一つひとつの課題について実施目標時期を明確に定め、早急に対応する体制を整えるように指示をしました。

地方経済の牽引役として、農林水産品の輸出を強力に推進してまいります。

あわせて読みたい

「地方創生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  3. 3

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  4. 4

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    安倍首相への過剰な警備は忖度か

    猪野 亨

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。