記事

地方創生:農林水産品の輸出を強力に推進

今週、第1回の「農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」を開催しました。

安倍政権は農林水産業を地方創生の重要な柱と位置付け、輸出の拡大に取り組んできました。

政権発足前には年間約4500億円だった輸出額は、昨年には9000億円を超え目標とする1兆円の達成が目前となっています。

世界の食の輸出市場は150兆円とも言われて、九州と同じ程度の面積であるオランダは約10兆円を輸出しています。
日本の野菜や果物は安全安心で美味しく、アジアで大変に人気があり、我が国の農林水産品の輸出はまだまだ大きく伸ばすことができます。

一方で、輸出額が急増するにつれて、多くの課題が浮き彫りになっています。

例えば、欧米に牛肉を輸出するために必要な処理施設の「認定」について、厚労省や都道府県の対応が追い付かず、認定が完了していない施設が多数生じています。

EUにホタテを輸出するためには、生産海域の水質のモニタリングが必要とされていますが、対応できているのは北海道と陸奥湾しかなく、他の東北地方のホタテは輸出ができません。

タイでは野菜や果物の輸入について今夏から新たな証明書の提出を求める予定ですが、こうした相手国の規制強化に対して、迅速に対処する必要があります。

そこで今回、こうした課題に対応し、政府一丸となってさらなる農林水産品の輸出拡大に取り組むために関係閣僚会議を立ち上げました。

食品安全を担当する厚生労働大臣と農林水産大臣を始め、関係省庁が連携して、規制への対応を強化し、可能な限り多くの国に多くの品目が輸出できるような環境整備を早急に行っていきます。

第一回目の会議では、一つひとつの課題について実施目標時期を明確に定め、早急に対応する体制を整えるように指示をしました。

地方経済の牽引役として、農林水産品の輸出を強力に推進してまいります。

あわせて読みたい

「地方創生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  6. 6

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  7. 7

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  8. 8

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  9. 9

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。