記事

悪魔を崇拝する米団体、正式な宗教法人として認可される

マサチューセッツ州のセーレムでポーズをとるThe Satanic Templeの代表者ルシアン・グリーヴス氏。(Photo by Josh Reynolds for The Washington Post/Getty Images)

悪魔や悪魔に準ずる神を崇拝する人々には朗報だ。公式Instagramの投稿によると、宗教団体「The Satanic Temple」がこのほど米国国税庁(IRS)より正式に宗教法人として認可された。これにより同団体は非課税対象となる。

ローリングストーン誌に送られたプレスリリースによれば、「ほかの宗教団体と同じように公の場所で活動し、信仰による差別の問題を法廷で争うことができる上に、宗教団体に対する政府の助成金を申請することが可能」になる。

The Satanic Templeはこれまで非課税申請を行わない方針をとってきたが、2017年にトランプ大統領が「宗教の自由」を認める大統領令を発令したのをうけ、団体の代表者ルシアン・グリーヴス氏がこの方針を撤回。「”宗教”という言葉が次第に特権階級の意味合いを帯びつつある今、我々はこの特権が全ての人々に行き渡り、間違った思い込みで無神論的な宗教や、無宗教の人々が排除されることがないようにしなくてはならない」と、The Satanic Templeのニュースレターで主張した(The Satanic Templeはニュースレターを発行しているらしい)。さらに、「独自の宗教的見解および/または宗教に関する見解を唱える無神論的、世俗的非営利団体も同様に、非課税の対象として認められるよう」行動を起こすべきだ、とも付け加えた。

最近公開された映画『Hail, Satan?(原題)』にも描かれているように、The Satanic Templeは2013年、宗教団体と国家の線引きがあいまいになりつつある状況を揶揄する意味で、冗談半分で創立された。2013年に話題となったデモでは、学校で生徒がミサを行うのを認める法案に署名したリック・スコット知事を支持。また、オクラホマ州都の郊外にある十戒の像の隣にバフォメット(黒ミサをつかさどる、ヤギの頭をした悪魔)の銅像を建てるよう求めていた。しだいに組織は本格的な草の根宗教活動組織へと成長し、ドナルド・トランプ氏の大統領就任後は急激に入信者を増やしていた。

本人たちはアメリカで初めて正式な宗教法人格を得た悪魔崇拝の宗教団体だと報じているが、IRSの記録によれば、悪魔教会 (Church of Satan)のニューヨーク市支部(グロット)が1980年に宗教法人認可を受けている。

あわせて読みたい

「宗教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。