記事

ひょっとしたら隙間風くらい吹いているのかな

どうも一枚岩ではなさそうである。

日本のマスコミは一切報じていないので問題にする人はいないが、ゴーン氏本人と日本のゴーン氏弁護団の意思疎通が十分に行われているのか疑問がある。

少なくとも、ゴーン氏のフランスの弁護士とアメリカの弁護士は、日本のゴーン氏弁護団とは関係なしに独自の見解をマスコミに発信しているようである。

フランスのゴーン氏の弁護士は、もっぱらゴーン氏の妻の見解を代弁しているようであり、アメリカのゴーン氏の弁護士は、ゴーン氏とどのように意思疎通を図っているのか分からないが、日本の刑事裁判そのものに相当の不振を抱いているようであり、日本のゴーン氏弁護団が勝ち取った保釈について大して評価をしていないような口吻を漏らしている。

ゴーン氏はずいぶん強い人のようであり、思い込みも強そうだ。

さて、日本の弁護士の言うことを素直に聞くのかしら。

公判前整理手続きに膨大な時間が掛かりそうで、公判が始まるのは年明けになるだろうと囁かれ始めている。

検察当局の捜査はどうやら一段落したようだが、次に控えているのは、日産や日産の株主等からの損害賠償請求裁判ではないかしら。

ゴーン氏に係る裁判が長期化するのは必至である。

その間に、何があってもおかしくない。
何が起きてもおかしくない。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  4. 4

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  5. 5

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  8. 8

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

  10. 10

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。