記事

中国で「月欠族」登場、ネット通販急拡大で月給上回る消費も

一部で買い物依存が凄まじい

中国では都市部の若者よりも、地方都市の若者の消費行動がネット通販などにより際立って活発であることが分かった。中国青少年研究センターが明らかにしたところでは、地方都市の若者の70%以上が月給のすべてをその月に使い尽くすという「月光族」で、そのうちの30%以上が月給よりも支出の方が上回る「月欠族」だそうだ。全体の30%以上が「自分はクレジット消費をたくさんしており、返済の圧力が高い」と考えているという。

中国語の「月光族」のうち、「光」は文字通りの「光」のほか、「し尽くす」という意味もあり、「月光」は「月給を遣い尽くす」という意味になる。「月欠」は「支出で月給がマイナスになる」という意味になる。中国紙「中国青年報」が報じた。

中国ではネット通販の取引額が10年前は世界全体のネット通販総額の1%に過ぎなかったが、2016年には40%を占めるほどになり、総額も7900億ドル(約89兆円)と80倍以上に急増しているという。

その理由の一つとして、中国ではアリババなどのIT企業がインターネットと銀行口座を結合した独自の支払いシステムを構築したことが挙げられる。そのため、ネットショッピングの急速な発達に伴って、地方でも都市部以上に、ブランド品や新しい商品を購入しやすくなっている。

とくに、地方の場合は都市部に比べて月給は少ないものの、食品や生活必需品、あるいは部屋代などが安く、さらに両親と同居している場合は、月給のほとんどを自分自身のために支出できる利点があるという。

中国青少年研究会の廉思・副会長は長い間、若者の思考を研究してきた結果として、「都市部と地方の違いに関わりなく、若者はトレンドを追いかけるものだ。彼らはいつでも現在進行形のリアルタイム感を保ちたいと考えている。とりわけ、地方の若者は都市部の若者よりも流行に敏感で、ネット通販に依存しがちとの傾向が顕著だ」と指摘している。

廉氏によると、地方都市在住の若者は人数が多く、時間に余裕があり、出費をいとわず、新たな消費パワーになっている。しかし、廉氏は「その一方で、地方の若者の間で最近、収入が支出に追いつかず、借金返済の圧力にさらされ、ローン地獄に陥る者が多くみられるようになっている」との負の側面も明らかにしている。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。