記事

ゴーン被告再び保釈 人質司法の変化か

東京地裁は、昨日25日、会社法違反(特別背任)の罪で追起訴された前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の保釈を再び認める決定をしました。

保釈保証金は5億円で、東京地検特捜部は準抗告しましたが棄却され、昨夜保釈されました。中東オマーンの販売代理店に支出した日産自動車の資金を私的に流用した罪での追起訴で、妻キャロルさんも関係者ということで接触禁止が条件になった、ということです。

ゴーン前会長の事件で、検察の主張がそのまま認められなかったのは、勾留延長の請求と合わせて4回目です。証拠隠滅の可能性を厳密に検討し、裁判準備の必要性も考慮するという裁判所の姿勢が鮮明になった、と報じられています。長期に勾留する「人質司法」といわれる日本のやり方は、批判されてきました。

それについては、2009年にスタートした裁判員裁判が契機になって変化してきている、ということです。法定での生のやり取りが重視されるようになる中、被告が弁護人などと綿密な準備をできるよう、「むやみな勾留はやめよう」という考えが広がり、2014年に最高裁が「証拠隠滅の現実的な可能性」の吟味を促す決定を出したことで、この流れが加速したそうです。

今回は特に、有名なゴーン前会長だったこともあり、海外からも注目されていましたが、特捜事件も例外ではないことが示され、各地の裁判官は「全国的に波及する」とみています。2017年の統計では、一審判決の時点で保釈されている被告は全体の32%で、裁判所は保釈請求があれば66%認めている、とのこと。

人質司法が変化することを、今回の事件が加速したということは、歓迎したいと思います。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  3. 3

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  4. 4

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  6. 6

    韓国客減る対馬 土地買収は続く

    NEWSポストセブン

  7. 7

    芸能人不倫叩きに感じる恐ろしさ

    いいんちょ

  8. 8

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    政権狙う維新に「保守名乗るな」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。