記事

投資家はECB金融政策の効果を疑問視=フィンランド中銀総裁

[ヘルシンキ 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は26日、ECBのインフレ押し上げを目指す金融政策の効果を投資家が疑問視している可能性があるとの認識を示した。レーン総裁は、インフレ期待が低いままなのは、何年も物価上昇率が低いことのほかに、投資家がECBの政策に疑念を抱いていることを反映しているとみている。

総裁は、フィンランド中銀の年次報告の中で「まず、低インフレが長期にわたった結果、インフレ期待を永続的に押し下げてしまい、さらに簡単に下がりやすくした可能性がある」とし、「2番目に、市場は現在の状況で、金融政策措置はインフレを加速させるために有効ではないとみなしている可能性がある」と述べた。

さらに、ドラギ総裁が前回理事会後の会見で懸命に否定していたが、ECBがインフレ目標の上振れよりも、まず下振れを容認することになるとの見方が出ていることも挙げた。

また、レーン総裁は記者会見で、ユーロ圏の銀行が余剰資金をECBに預け入れる際の金利負担を軽減することを目的とする中銀預金金利の階層化に難色を示した。「現在の知識を踏まえ、この手段(金利の階層方式化)の効果にあまり納得していない」とし「われわれは、常に理事会でフォワードガイダンスについて協議している」と述べた。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  7. 7

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。