記事

ペルーの代名詞「ピスコ」で味わう「日本人移住120周年」 - フォーサイト編集部

1/2
欧米では”定番”になりつつあるピスコサワー(日本ピスコ協会提供)

 日系人の多い国といえばブラジルだが、日本人が南米で最初に移住したのは、意外にもお隣のペルーである。

 1899(明治32)年2月28日、790名の日本人が日本郵船の「佐倉丸」に乗って横浜を出帆。太平洋を8600海里横断し、4月3日にクスコ郊外のカジャオ港に到着した。

 ちょうど120周年に当たる今年は、日本とペルーが両国の交流年と位置づけていることもあり、官民レベルでさまざまなイベントや企画が行われている。

 4月14日には「日本ピスコ協会」という一般社団法人の設立記念パーティーが開かれた。ピスコはペルーを代表するブドウの蒸留酒で、フランス・シャンパーニュ地方のシャンパンのように、特定の地域でしかつくられない。16世紀前半にスペイン人がブドウを持ち込み、ワインに続いてピスコの製造が始まった。歴史深いお酒である。

「欧米では人気が高まってきていて、ある程度のバーに行けば、ピスコを使ったカクテル“ピスコサワー”を飲めますが、日本ではまだまだ知られていませんし、ピスコサワーを出しているお店でも、隣国チリの同名のお酒を使っているのが現状です。そうした状況を何とかしたいと自然に集まった有志で、ピスコ協会が設立されました」

ピスコ協会の発足メンバー。中央が仲村渠さん。

 挨拶に立った代表の仲村渠夏江(なかんだかり・なつえ)さんは、日系3世。小学生の頃に来日し、現在は原宿のペルー料理レストラン「bepocah」(べポカ)のバーテンダー兼ソムリエをしている。

「ピスコには“ロマン”という言葉がピッタリです。なぜかというと、南米だけでなくアメリカ大陸におけるブドウの栽培とワインの製造は、すべてペルーから始まりました。原産地呼称で、本当に厳しいルールの下でつくられたものだけがピスコを名乗れます。その歴史やこだわりに、ロマンを感じるわけです。ロマン溢れるピスコを、日本中に広めたいという思いです」

 協会の発足メンバーには、仲村渠さんの夫で「bepocah」のオーナーシェフ・仲村渠ブルーノさん、共同オーナーの西村春子さん、「bepocah」のシェフ・川崎ハルオさんの他、企業でピスコなどの貿易に携わった後、自身で「CP JAPAN TRADING」(埼玉県さいたま市)という貿易会社を立ち上げた浜元リカルドさん、ペルー料理店「El Cebichero」(エル・セビチェロ、東京・祐天寺)のオーナーシェフ・谷口大明さんが名を連ねた。西村さんと谷口さん以外は、日系ペルー人だ。

 120年の時を経て、日本からペルーに渡った人たちの子孫が、“故郷”の日本で活躍しているのである。

「レモン」ではなく「リモン」

「ピスコのいろいろな飲み方を体験して欲しい」とエルゲロ参事官

 駐日ペルー大使館商務部のルイス・エルゲロ参事官の乾杯で、パーティーが始まった。

 もちろん乾杯ドリンクは、ピスコサワー。ピスコに卵白やシロップを加えてシェイクするのだが、肝心なのは「リモン」。レモンではない。

 西村春子さんが言う。

「ペルーのリモンをレモンと勘違いしてレモンでピスコサワーをつくる方がいるのですが、それでは本場の味は出せません。日本で手に入るものでリモンに1番近いのは、ライムよりも小さいメキシコ産のキーライム。ただ、これを使うと原価が跳ね上がってしまうので、本日はメキシコ産ライムでおつくりしました」

乾杯ピスコサワーに使われたのは、「クアトロ・ガロス」という銘柄

 一口飲むと、ヨーグルトのようなさっぱりとした味わい。とても飲みやすいが、決して“弱いお酒”ではない。

「ピスコはアルコール度数38~44度と決められています」

 とは、先の仲村渠夏江さん。

「先ほどピスコには厳格なルールがあるとお話ししましたが、まず地域がリマやアレキパ、イカなどの5県に限られています。品種も8つに指定されており、蒸留は1回しかできません。1回でアルコール度数を38~44度に上げなくてはいけないのですが、アルコール度数を上げるために糖分や水を添加することは禁止されている。ブドウ100%の蒸留酒なので、それぞれのブドウの香りが色濃く反映されます」

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村克也氏の本塁打は実質985本?

    毒蝮三太夫

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    苺ブッフェ 持ち帰りOKは画期的

    東龍

  5. 5

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  6. 6

    肺炎より地元行事? 大臣は無責任

    大串博志

  7. 7

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  8. 8

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナを政府批判に利用する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。