記事

世界一想像力があるのに自信がない日本人

1/2

世界5カ国5000人に「世界でいちばんクリエイティブな国はどこか」と聞いたところ、日本人を挙げる人が最多だった。ところが「日本が世界一だ」と答えた人の割合は、日本人がいちばん低かったという。なにが原因なのか。デザインディレクターの石川俊祐氏が「デザイン思考」という考え方から解説する――。

※本稿は、『HELLO,DESIGN 日本人とデザイン』(幻冬舎)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/sihasakprachum)

もっと主観的でいい

デザイン思考を実践するために必要なマインドセットは、いくつかあります。まずはその中でも「主観」という、とくに日本のみなさんが欠かしがちな要素についてご説明しました。

デザイン思考において、「マインド」と「スキル」は車の両輪です。まっすぐ前に進むためには、両者を同じように大きく育てなければならない。どちらが大事というものでもなく、両方とも必要不可欠なものなのです。

けれどあえて言えば、日本のみなさんにまず意識していただきたいのはマインドのほうだ、とぼくは考えています。なぜなら、みなさんは、自分自身にかけている「ブレーキの力が半端なく強いから。

これは、いままでの社会人生活の中でしっかり身につけてきた、思考のクセとも言えます。このブレーキを外して車輪を前に進めるためにも、まずは「デザイン思考家として持つべきマインドセット」を知り、普段から意識することがファーストステップ。それがみなさんの「クリエイティブ・コンフィデンス」――「自分の創造性に対する自信」を育てる第一歩になるはずです。

人生にはクリエイティビティが必要だ

いまぼくは「クリエイティブ・コンフィデンス」という言葉を使いましたが、これもまた、IDEO(アイディオ)が提唱している概念です。しかし、「クリエイティブ」は「デザイン」と同じく、どうも誤解されがちなカタカナ。ワークショップでこの言葉を使うと、「あ、自分の話ではないな」という顔をされることが多々ありました。業種で言えば広告代理店やメディア、職種で言えば企画やデザイナーといった「都心で働くごく一部の人の仕事」を連想されてしまう。

でも、「クリエイティブ」は業種や職種とはまったく関係ありません。もちろん、小説やマンガ、映画といった、いわゆる作品をつくる力のことでもありません。

意志のある人生を送る。モノや体験をつくり、イノベーションを起こす。国が抱えているような大きな問題を解決する。

……こうした大小さまざまなところで発揮される「未来をつくる普遍的な力」こそ、クリエイティビティ――「創造性」と呼ばれるものです。

「自分には、周囲の世界を変える力がある」という自信。

「自分にはなにかを生み出し、実行する力がある」という自信。

「自分の考えってイケてるぞ、みんなに聞いてもらおう」と思える自信。

これらが、「クリエイティブ・コンフィデンス」なのです。

クリエイティブ・コンフィデンスを持つためのマインドセット

さて、先ほどからテーマにしている「主観を信じること」に加えて、ぼくたちデザイン思考家が掲げているのが、次の4つの「クリエイティブ・コンフィデンスを持つためのマインドセット」です。

①曖昧な状況でも楽観的でいること

一般的に、人は方向性や仮説がないモヤモヤした状況を嫌うもの。そんなとき、「自分ならいつかいいアイデアが出るさ」と楽観的に構えることはとても大切です。切羽詰まって机に向かって頭を抱えたり、眉間にシワを寄せたりしない。コーヒーを飲んで雑談しつつ、「どこにヒントがあるかな」とワクワクしながら探していくからこそ、いいアイデアが浮かびます。

ですから、クリエイティブ・コンフィデンスがある人って、「なんだか楽観的」なんですね。

②旅行者/初心者の気分でいること

はじめて訪れる国では、信号機、看板、店員のふるまいなど、目に入るすべてが「どうしてこうなんだろう?」「おもしろい!」ですよね。旅行者にとって、旅は気づきの宝庫。この旅行者と同じマインドを普段の生活にも持ち込んでみることが、2つ目のマインドセットです。「こういうもの」という思い込みをそぎ落とし、ヨソモノの目を持ってみる。そうすれば、見慣れている風景にも新鮮な発見があるはずです。

この「旅行者の目」を向ける対象は、日常だけではありません。入社したときに不思議に思った会社や業界の慣習、上京したてのときに衝撃を受けた都会のルール。これらに対して、だんだんなにも感じなくなっていった、という経験はありませんか? すっかり「当たり前」になってしまったことに対してもう一度初心者の目を取り戻すことで、キラリと光るアイデアの原石を見つけられるんです。

③常に助け合える状態をつくること

ぼくも(失礼ですがきっと)みなさんも、オールマイティな天才ではありません。得意と不得意があり、好きと嫌いがある、個性的な人間です。そんな凸凹な人間を組み合わせ、チームを組んでアイデアを出すことで、個人でいるよりずっとクリエイティブになれるのです。ですから、困ったときに声を上げたらすぐに助けてもらえたり、声をかけられたら「お安いご用!」と手を貸したりする環境をつくることが大切です。

④クリエイティブな行動を信じること

いままでと同じものをつくる。みんなと同じことをする。競合を意識する。差別化する。……これらはクリエイティブの反対の姿勢で、誰かが描いた地図を見ながら船を進めるようなものです。危険も少なく、ラク。でも、誰かが見つけ、すでに征服している大陸にしか行き着くことができません。

一方で、いままでと違うもの、みんなと違うアイデアを目指すのは、真っ白な地図を片手に、羅針盤さえもないまま北極星と太陽だけを頼りに船を進めるようなもの。ものすごく大変だし、相当な勇気が必要です。でも、誰も見つけていない海や、まっさらな大陸に辿り着く可能性があります。みなさんには、こちらの航海に挑んでほしいのです。

クリエイティブでありたいと思うのであれば、クリエイティブな行動を信じ、まずは動いてみましょう。机の上で地図を眺めていても、新大陸は見つからないのですから。

あわせて読みたい

「クリエイティブ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。