記事

コンテンツマーケティングの先端事例となる印刷スタートアップのラクスル

*2011年6月4日の記事から2012年4月22日にリライトしました。

4月17日に印刷通販ポータルサイトのラクスルが1.1億円の増資を発表しました。ラクスル関しては昨年6月に一度記事を書いており、その記事をベースに最新版にupdateします。(SEOで「ラクスル」で検索すると3位か4位に出てくるので…記事クオリティがひどかったので訂正ですw)

1.1億円の増資を発表:ローンチ2年半で業界2位のPV

リンク先を見る昨年6月の記事では「印刷一括見積もりを始めた」という記事をThe Startupでお届けしましたが、プレスリリースによるとその印刷一括見積もり事業の成約実績が開始10ヶ月で1億円を突破したそうです。こちらの記事によると2015年のIPOを目指しているとのこと。トランザクション型のビジネスなので足下は堅いです。リーマンショック後に創業したスタートアップとしては、この堅実なモデルはとても珍しいでしょう。

私もかなり昔から応援してるスタートアップです。ここから数字が劇的に伸びていくフェーズに入るのではないでしょうか。Tech Crunchによると印刷通販業界でのPVはプリントバックに次ぐ2位に甘んじているとありますが、ラクスルは2009年9月の創業です。2年半で業界2位に躍り出ているということにむしろ注目すべきではないでしょうか。今後が楽しみです。

業界を革新する圧倒的なデザイン力

この手の古いジャンルは決まってデザイン性が低いものですが、ラクスルのサイトのデザイン性はかなり高く、このデザイン性だけでも競合との差別化に十分なっているでしょう。デザインへのこだわり、デザインでの差別化は他のスタートアップにも大いに参考になるでしょう。

リンク先を見る

先端的なコンテンツマーケティング「ラクスルマガジン」

昨年6月時点の執筆でも取り上げた「ラクスルマガジン」ですが当時よりさらにコンテンツとして磨かれている印象です。昨今、バズワード化しつつある「コンテンツマーケティング」ですが、印刷にまつわる良質な記事コンテンツをラクスルはかなり前から相当な数をリリースしていました。
ヒット作としては「デザイナーがおすすめする無料写真サイト15選」だと1,400はてぶついています。

リンク先を見るこの充実したコンテンツマーケティングでSEO流入の強化⇒ユーザーの滞在時間の長さ⇒CVRの向上という流れを実現していると思われます。エンゲージメント向上にも寄与しているでしょう。

ニッチな分野で如何に多くのコンテンツの切り口を考えられるか否か。切り口の数でコンテンツ量も変化してきます。切り口とそれに付随したコンテンツ量は、コンテンツマーケティングの一つのポイントになるでしょう。コンテンツマーケを検討している方々は、ぜひ一度ラクスルマガジンを覗いてみて下さい。

あわせて読みたい

「ベンチャー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。