記事

ガラケー料金は値上げも!ドコモ「新プラン」で損する人が


「最大4割値下げ!」

4月15日に携帯電話やスマホの国内契約者の4割近くを占めているNTTドコモが、新料金プランを発表した。総務省の家計調査によると、’17年に1世帯あたりの年間通信料は10万円を突破。年々、通信費の家計に占める割合が増している。最大手のドコモの通信料金の値下げは、家計の赤字を救ってくれるのだろうか――。

「率直に言って、ガッカリです」とは、ケータイの通信料金に詳しいITジャーナリストの三上洋さん。

「今回の新料金プランはデータ量が多くなるほど、値下げ率が低くなっていきます。データ量が1カ月3G~5GBまで高速の通信が可能になる、もっともユーザーが多いプランの値下げ幅24~20%だけ。1GBの契約であれば、3割ほど値下げになりますが、1カ月のデータ量が1GBまでというと、YouTubeを高画質で、約1時間30分ほど見ると上限に達してしまいます。このプランは、スマホをLINEやメール以外の用途で使わない人に限られるでしょう」(三上さん・以下同)

“4割引”という言葉が独り歩きをしているが。

「『みんなドコモ割』が利用できる3人以上の家族が、データ容量の少ないプランも含めて契約し直した場合などに限られます。次のように、1人の利用では、期待したほどの値下げ幅にはなりません」

■“ガラケー”の場合(インターネットを使用しない人)

【旧プラン】月額1,620円(カケホーダイライトプラン1,296円、インターネット接続サービス324円/使えるデータ量0GB)

【新プラン】月額2,052円(ケータイプラン1,296円、5分間通話無料オプション756円/使えるデータ量~100MB)

■スマホ(データ量5GBまで定額)の場合

【旧プラン】月額6,782円(シンプルプラン1,058円、ベーシックパック<~5GB>5,400円、インターネット接続サービス324円)

【新プラン】月額5,378円(ギガライトプラン<~5GB>5,378円)

スマホ利用者は、50代でも70%以上(’17年総務省「通信利用動向調査」より)に普及しているが、インターネットやメールは必要ないと、通話がメインで“ガラケー”を使い続けている人もいるだろう。

そういう、データ通信を使わずに“ガラケー”で国内通話が無料になるオプションに加入している人にとっては、新プランに移行すると、むしろ値上げになり、損してしまうのだ。

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  3. 3

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  6. 6

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  7. 7

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。