記事

任天堂、今期スイッチ販売1800万台計画 増収・営業増益へ


[東京 25日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は25日、2020年3月期の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売台数は1800万台を計画していると発表した。前期実績は1695万台だった。ソフトを積極的に投入するなどして、販売を加速させる。

ソフトの販売は1億2500万本を計画。前期の1億1855万本から上積みする。

4月に『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』、6月に『スーパーマリオメーカー2』、7月に『ファイアーエムブレム 風花雪月』を全世界で発売する予定。

こうした計画を前提に、2020年3月期の売上高は前年比4.1%増の1兆2500億円、営業利益は同4.1%増の2600億円と増収・営業増益を見込んでいる。ただ、為替レートは1ドル105円、1ユーロ120円と円高方向を想定しており、最終利益は同7.2%減の1800億円にとどまる見通し。

会社の営業利益予想はリフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値3434億円を大きく下回る。

2019年3月期の売上高は前年比13.7%増の1兆2005億円、営業利益は同40.6%増の2497億円、最終利益は同39.0%増の1940億円だった。

ソフトでは『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』と『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』が1000万本を超える大ヒットとなった。ソフトの販売本数は前期よりも8割超増えた。

スマートフォン向けゲームなどの「モバイル・IP(知的財産)関連収入」は、同17.0%増の460億円だった。

*内容を追加しました。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。