記事

天皇皇后両陛下、退位後は「高齢者のあり方の象徴」に

1/2
三重県訪問が在位中最後の地方訪問となった(撮影/JMPA)

文化方面のご友人との交流を増やされるといわれている美智子さま(撮影/JMPA)

 名残を惜しむような冷たい雨が降り注ぐなか、黒塗りの車が伊勢神宮内宮へとゆっくりと進む。美智子さまが後部座席の車窓から乗り出さんばかりに、沿道に向けて大きく手を振られた。大粒の雨が車内に飛び込みそうでも、その窓が閉じられることはなかった──。

【写真】美智子さまは長野パラリンピックでウェーブにご参加

 それはまるで皇祖神である天照大神の導きと思わせるほどの巡り合わせだった。

 天皇皇后両陛下は4月17日、伊勢神宮を訪問され、翌18日に退位を天照大神にご報告する「親謁の儀」に臨まれた。

 実は、両陛下がご成婚(1959年4月10日)のご報告のために、初めて伊勢神宮を参拝されたのは、60年前の4月17日、ちょうど同じ日だった。当時、沿道にて両陛下を見送った三重県松阪市在住の塚脇千鶴さん(75才)は、60年後のこの日も沿道に駆けつけた。

「両陛下を初めて拝見したのは私が高校1年生の時でした。美智子さまのお姿を見て“世の中にこんなにきれいな人がいるのか”と心底驚いたことを、昨日のことのように覚えています。退位されたら、どうかゆっくりとお過ごしになられていただきたいです」

 その10年後、美智子さまが長女の紀宮清子内親王を出産されたのは4月18日のことだった。今は皇室を離れ、黒田清子さんとして生活を送る傍ら、伊勢神宮の祭主を務めている。その清子さんが今回、祭主として両陛下の退位の報告に立ち会ったことになる。

「両陛下が参拝されたのは、ちょうど清子さんの50才の誕生日でした。前日にお三方は内宮の行在所(あんざいしょ)に宿泊し、地産の鯛のおつくりなどを召し上がられたそうです。翌日は同じホテルに宿泊されたので、親子水入らずで誕生日をお祝いされたことでしょう」(伊勢神宮関係者)

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  8. 8

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  9. 9

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

  10. 10

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。