記事

東京地裁、ゴーン前会長の保釈決定 詳細な条件設定


[東京 25日 ロイター] - 東京地方裁判所は25日、日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定を下した。保釈保証金は5億円。同地裁によると、ゴーン被告は5億円を納付した。共同通信などによると、検察側は準抗告する見通し。

同地裁が準抗告を棄却すれば、25日中に保釈される可能性がある。

同地裁の示した保釈条件は、1)国内の居住制限、2)海外渡航の禁止、3)その他、今回の事件における罪証隠滅を防ぐための条件、逃亡を防ぐための条件。

共同通信は、東京地裁が保釈条件の中に、ゴーン被告と妻のキャロルさんの接触禁止も含めていたと報道した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。