記事

東京地裁、ゴーン前会長の保釈決定 詳細な条件設定


[東京 25日 ロイター] - 東京地方裁判所は25日、日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定を下した。保釈保証金は5億円。同地裁によると、ゴーン被告は5億円を納付した。共同通信などによると、検察側は準抗告する見通し。

同地裁が準抗告を棄却すれば、25日中に保釈される可能性がある。

同地裁の示した保釈条件は、1)国内の居住制限、2)海外渡航の禁止、3)その他、今回の事件における罪証隠滅を防ぐための条件、逃亡を防ぐための条件。

共同通信は、東京地裁が保釈条件の中に、ゴーン被告と妻のキャロルさんの接触禁止も含めていたと報道した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  7. 7

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  9. 9

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。