記事

東京地裁、ゴーン前会長の保釈決定 詳細な条件設定


[東京 25日 ロイター] - 東京地方裁判所は25日、日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定を下した。保釈保証金は5億円。同地裁によると、ゴーン被告は5億円を納付した。共同通信などによると、検察側は準抗告する見通し。

同地裁が準抗告を棄却すれば、25日中に保釈される可能性がある。

同地裁の示した保釈条件は、1)国内の居住制限、2)海外渡航の禁止、3)その他、今回の事件における罪証隠滅を防ぐための条件、逃亡を防ぐための条件。

共同通信は、東京地裁が保釈条件の中に、ゴーン被告と妻のキャロルさんの接触禁止も含めていたと報道した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  6. 6

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  9. 9

    マツコ共感 友達は仕事仲間だけ

    キャリコネニュース

  10. 10

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。