記事

東京地裁、ゴーン前会長の保釈決定 詳細な条件設定


[東京 25日 ロイター] - 東京地方裁判所は25日、日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定を下した。保釈保証金は5億円。同地裁によると、ゴーン被告は5億円を納付した。共同通信などによると、検察側は準抗告する見通し。

同地裁が準抗告を棄却すれば、25日中に保釈される可能性がある。

同地裁の示した保釈条件は、1)国内の居住制限、2)海外渡航の禁止、3)その他、今回の事件における罪証隠滅を防ぐための条件、逃亡を防ぐための条件。

共同通信は、東京地裁が保釈条件の中に、ゴーン被告と妻のキャロルさんの接触禁止も含めていたと報道した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  6. 6

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  7. 7

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  8. 8

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

  10. 10

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。