記事

第1四半期韓国GDP、予想外のマイナス 金融危機以来の弱さ


[ソウル 25日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)が25日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、季節調整済みで前期比0.3%減と、予想に反して減少し、世界的な金融危機以来の弱さとなった。

2018年第4・四半期の1%増からマイナスに転じ、3.3%減を記録した2008年第4・四半期以来の落ち込みとなった。

ロイター調査の予想中央値は0.3%増で、減少を予想したエコノミストはいなかった。

統計を受けて金融市場では、中銀が緩和スタンスにシフトする公算が大きく、企業信頼感の悪化や対外リスクに対抗するため利下げに踏み切る可能性もあるとの見方が強まった。

韓国の主要株価指数<.KS11>は0.4%下落。ウォン<KRW=KFTC>は2017年初頭以来の安値水準に沈んだ。

3年債先物(6月限)は0.15ポイント上昇して109.58となり、3年債利回りは政策金利の1.75%を再び割り込んだ。

<設備投資落ち込む、輸出も減少>

中銀は第1・四半期のGDPについて、メモリーチップ部門の低迷が予想以上となり設備投資が落ち込んだほか、米中貿易摩擦を背景とした輸出の減少が個人消費の増加分を相殺したと指摘。

中銀当局者は「特に建設投資に関し、財政支出による第4・四半期の伸びを維持することができなかった。また半導体部門の低迷によって民間設備投資が予想以上に減少した」と述べた。

当局者は、昨年第4・四半期の成長が良好だったことも、前期比GDPを押し下げた要因と付け加えた。

大信証券のアナリストは、今年第4・四半期としていた利下げ時期の予想を前倒しするかもしれないと話す。ただ「5月の次回会合では、政府の補正予算案の議会審議を見極めるため、利下げは見送られるだろう」としている。

第1・四半期の輸出は前期比2.6%減少し、第4・四半期(1.5%減)から落ち込みが加速した。

設備投資も10.8%急減し、21年ぶり低水準となった。建設投資は0.1%減だった。

個人消費は耐久財への需要に支えられて0.1%増加した。

第1・四半期のGDPは前年比では1.8%増。第4・四半期の3.1%増から伸びが鈍化し、予想の2.5%増を下回った。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。