記事

海外で「しょうゆ」が好調、キッコーマンが過去最高の売上と純利益を更新

 キッコーマン(株)(TSR企業コード:320018253、千葉県野田市、東証1部)は4月24日、2019年3月期決算(連結)を発表した。売上高は4,535億6,500万円(前期比5.3%増)、当期純利益は259億9,200万円(同9.0%増)で、売上高は2期連続の増収で過去最高となった。また、最終利益は6期連続の増益。

 売上高の6割を占める海外向けのうち、北米などで「しょうゆ」が好調を持続した。国内販売も、「いつでも新鮮」シリーズなどの高付加価値「しょうゆ」を強化し、豆乳飲料も堅調だった。

 連結の財務状況は、2019年3月期の純資産2,704億5,100万円、総資産3,621億1,900万円で、自己資本比率も73.3%と前期比1.2ポイント上昇した。

 2020年3月期の連結業績予想は、売上高4,735億円(前期比4.4%増)、営業利益397億円(同3.3%増)、経常利益389億円(同2.6%増)、当期純利益269億円(同3.5%増)と過去最高の売上、利益の更新を見込む。

あわせて読みたい

「連結決算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  3. 3

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  6. 6

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  9. 9

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。