記事

海外で「しょうゆ」が好調、キッコーマンが過去最高の売上と純利益を更新

 キッコーマン(株)(TSR企業コード:320018253、千葉県野田市、東証1部)は4月24日、2019年3月期決算(連結)を発表した。売上高は4,535億6,500万円(前期比5.3%増)、当期純利益は259億9,200万円(同9.0%増)で、売上高は2期連続の増収で過去最高となった。また、最終利益は6期連続の増益。

 売上高の6割を占める海外向けのうち、北米などで「しょうゆ」が好調を持続した。国内販売も、「いつでも新鮮」シリーズなどの高付加価値「しょうゆ」を強化し、豆乳飲料も堅調だった。

 連結の財務状況は、2019年3月期の純資産2,704億5,100万円、総資産3,621億1,900万円で、自己資本比率も73.3%と前期比1.2ポイント上昇した。

 2020年3月期の連結業績予想は、売上高4,735億円(前期比4.4%増)、営業利益397億円(同3.3%増)、経常利益389億円(同2.6%増)、当期純利益269億円(同3.5%増)と過去最高の売上、利益の更新を見込む。

あわせて読みたい

「連結決算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  3. 3

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

  10. 10

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。