記事

全力投球

国民新党が新しい体制になって2回目の総会を行いました。

亀井先生が代表だった頃はフリーランスも数多くいて、賑わいがありましたが今は番記者だけになってしまい少し寂しくなったのかなと感じます。

発信力が私どもとは全く違い、日本を動かす大政治家なだけに違いがあって当たり前ということを謙虚に受け止めなければいけません。

これからは地道にしっかりと小さな一歩で発信力を高めていきたいと思います。


郵政法案も大きなヤマ場を迎え、問責決議が可決されることと同時に審議がどのように進んでいくのかなかなか不透明なところでありますが、何とか審議が行われることを望むばかりであります。

4月いっぱいで成立することが私たちの大きな期待であるだけに、そのことに向けて私も全力投球していきたいと思います。


石原都知事の尖閣諸島を東京都で買い取るという発言は沖縄でも非常に波紋を呼んでおります。

個人が持つより公的機関が持つことが良いことに間違いありません。

その意味でも国が一時的にでも買い上げることを実現しなければいけないと思います。

石原都知事の発信力はこの問題を世界的な話題にしました。

しかし沖縄県と石垣市の行政区にあるということを十二分に認識した対応を取らなければいけないと思います。

東京都が持ち続けるのではなく、沖縄県と石垣市が共有することが大きなポイントになるでしょう。

日米協議が進んでおりますが地位協定の問題を解決しなければなりません。

オバマ大統領・野田総理の会談において地位協定が話題になり、協議機関が開かれることは米国と沖縄の夜明けであります。

それだけに何が何でも野田総理にはこの地位協定について全力投球して頂くことを望んでおります。

沖縄側もこれには全力投球をしなければなりません。

あわせて読みたい

「国民新党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。