記事

ミキ・デザキさんに聞いた:「慰安婦問題」論争の渦中へ。「いいね!」ばかりの心地いい場所から一歩を踏み出そう - マガジン9編集部

1/2

ようこそ、「慰安婦問題」論争の渦中へ──。そんな挑発的なキャッチコピーを携えて、先週公開されたばかりの映画『主戦場』。日本のメディアではときにタブーのようにも扱われてきた旧日本軍の「従軍慰安婦」問題について、研究者やジャーナリスト、人権活動家、そして「慰安婦」問題の存在を否定する人たちなど、左右双方のさまざまな人たちにマイクを向け、その主張を語らせた異色のドキュメンタリーです。公開前から大きな話題を呼んできたこの映画はどのように生まれたのか。日系アメリカ人のミキ・デザキ監督にお話をうかがいました。

なぜ「慰安婦」問題に関心をもったのか

──映画『主戦場』は、旧日本軍の「従軍慰安婦」問題をめぐる論争を、さまざまな角度から検証するドキュメンタリーです。監督がこのテーマに関心をもたれたきっかけは何だったのでしょうか。

(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC

デザキ 「慰安婦」問題については、アメリカのメディア報道などを通じてある程度の知識はもっていました。改めて関心を抱くようになったのは、かつて朝日新聞記者として「慰安婦」に関する記事を書いた植村隆さんが、いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれるような人たちから激しいバッシングを受けているのを知ったのがきっかけです(※)。  私も以前、ある動画をユーチューブに投稿したことで、同じようなバッシングに遭ったことがあります。英語講師として日本に住んでいたときに感じた人種差別について語る内容の動画だったのですが、「日本には差別なんてない」と反発され、個人情報をネット上にさらされるなどの攻撃を受けたのです。

 そのときの苦しかった経験と植村さんの状況が重なって見え、気になって記事などを読んでいるうちに、日本のメディアでは「慰安婦」の問題が一種のタブーのようになっていることを知りました。興味を抱いてさらに調べてみる中で、日本のメディアも韓国のメディアも、非常に偏った情報しか発信していない、なすべき仕事をなしていないのではないかと考えるようになったのです。

※かつて朝日新聞記者として〜…1991年、朝日新聞記者だった植村隆さんは、元「慰安婦」韓国人女性(後に実名で名乗り出る金学順さん)の証言をまとめた記事を執筆した。2014年、この記事を「捏造」と断じた『週刊文春』の記事をきっかけに、ネット上などで植村さんへのバッシングが勃発。植村さんの勤務先や自宅にまで脅迫電話などが来るという事態になった。

──どういうことですか。

デザキ どちらも、自分の国の立場からしかものを見ていなくて、相手国の観点を完全に欠いていると感じました。日本人や韓国人の友達とこの問題について話しているときも、やはり同じような印象を受けます。政府やメディアが、そうした偏ったメッセージばかりを発信しているからではないでしょうか。

 そういう状況にある二つの国が、互いの間にある「壁」を越える機会をつくりたい。それが、この映画をつくろうと思い立った理由です。この作品を通じて、日韓の人たちがもっと理解し合って、何らかの解決を見出し、よりよい関係をつくっていくきっかけが生まれてほしい。もちろん、とても難しいことだと分かってはいますが、そうした希望も託して制作をスタートさせたのです。

どんな言説にも、オープンに耳を傾けようと思った

──映画の中には、研究者からジャーナリスト、政治家、人権活動家まで実にさまざまな人たちが登場します。中には「慰安婦」の問題についてずっと研究されている人、元「慰安婦」の女性を支援する市民団体の人たちもいれば、タレントのケント・ギルバートさんや衆議院議員の杉田水脈さんのように、「彼女たちは売春婦に過ぎなかった」といった主張を展開する人たちもいますね。出演を依頼する際には、どのような交渉をされたのですか。

デザキ そのまま「私は大学院生で、慰安婦問題についての映画をつくっている。いろんな人たちの話を聞きたい、あなたたちに自分の意見を発表するプラットホームを提供したい」と伝えました。この問題について、私自身は何の結論も持っていない。映画の中で最終的には何らかの結論を出すつもりではいるけれど、現状では白紙だ。だからこそここにいるんだ、とも話しました。

 それは、自分の正直な思いを伝えたつもりです。この問題に興味を抱いてさまざまな本などを読みはじめたとき、心がけていたのは「どんな言い分に対してもオープンでいよう」ということでした。もちろん、「慰安婦は性奴隷だった」と言われていること、強制連行があったとされていることなどは知っていましたが、それを否定するような言説に対しても、頭から拒否するのではなく、まずはオープンに耳を傾けようと。

 そうした考え方は、タイで僧侶になるための修行を経験したことから身に付いたものかもしれません。そこで教えられたのは、「確信を持つこと」の危険さ、常に「not sure(確信が持てない)」という姿勢でいろということでした。この映画を撮りながらも、常に自分に「not sure」と言い聞かせていたような気がします。

 本来は、何についてもsureであったほうが人は安心できるし心地いい。特に映画をつくる上では、自分なりの結論を訴える必要があるわけですから、not sureで居続けようとするのは非常に難しいことではありましたが……。

──それは、映画をつくり終えた今も、ですか?

デザキ もちろん、ある程度の結論は自分の中で出ています。特に、国際法的な観点から見た場合の結論は明らかだと思う。

 ただ、自分の考えに対してもどこかnot sureという気持ちは持ち続けたいと思うし、最初から何らかの結論を持って映画をつくりはじめたわけではないということ、オープンな気持ちで撮影に挑んでいたということは、映画を見る人にも伝わればいいなと思っています。

(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  5. 5

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  7. 7

    日本で定着 「お金=汚い」の偏見

    内藤忍

  8. 8

    フジ秋元アナが異動 不倫影響か

    女性自身

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。